キッチン泡スプレー洗剤「ジョイ」と「キュキュット」の比較レビュー!

レビュー

台所洗剤の新しい形といえば「スプレータイプ」の泡洗剤ですが、その泡スプレータイプの台所洗剤の知名度の高い商品は、「ジョイ・ミラクルクリーン泡スプレー」と「キュキュット・クリア泡スプレー」の2つです。

もしかしたら、「気にはなるけどどっちがいいのかな?」っと思っている人もいるのではないでしょうか。

そこで、今回は両方を実際に使ってみた感想をご紹介します

台所で使えるスプレータイプの洗剤って他にもいろいろあるんですよ(^^)
CHECK!>>いろんな台所泡スプレーを見てみる[楽天]

台所用泡スプレー洗剤人気の高い「ジョイ」と「キュキュット」

泡スプレータイプは、ストローなどの狭くて洗いにくいところや、お弁当箱の角などの汚れの取りにくいところにシュシュッとすることで簡単に汚れを落とすことができると人気の商品です。

なかでも、「ジョイ」と「キュキュット」は人気のある商品です。

↓【P&G「ジョイ」ミラクル・クリーン泡スプレー】

↓【花王「キュキュット」クリア泡スプレー】

そこで、この2つの違いについて比べてました。

ジョイとキュキュットの泡スプレー比較!2つの違いは何?

では、この2つの商品を比べてみて気になった点を書いていきますね。

1.容器の仕様が違う

私が一番気になったのは、スプレー容器の仕様の違いです。

キュキュットは吹き出し口のふたを開けて使うと、泡が集中的に噴射されます。そして、ふたを閉めると洗剤が出ないようになっています。

一方、ジョイは吹き出し口のふたを開けて使うと広い範囲に洗剤が吹き付けられます。そして、ふたを閉めると局部的に狭い範囲で洗剤が噴射されます。

下の写真を見てもらうとわかるのですが、左の「ジョイ」は先端のパーツを上げると穴が開いています。

逆に右の「キュキュット」は、突起がついていて完全に閉じてしまうんです。

キュキュットは、洗剤の「出る・出ない」の仕様であるのに対して、ジョイは噴射範囲の「狭い・広い」になるんです。

2つのどちらかを選ぶときにこのポイントは選択の一番の点になると思います。

人によっては「誤作動で洗剤が出ない方が良い」ということもあるので、そういう人は「キュキュット」の方がおすすめです。

私はせっかちで面倒くさがりなので、「ジョイ」の広い範囲に噴射できるとこが気に入りました。

2.界面活性剤の量

洗剤といえば界面活性剤の量。

この点においては、ジョイが14%、キュキュットは16%と、あまり大差はありません。

3.利用用途

台所洗剤なので、基本的な利用用途は変わりません。

が、容器を見てみると、ジョイは「食器・調理用具・シンク」に加えて「コンロ・グリルなど」といった油汚れの強そうな場所もかいてありました。

一方、キュキュットは「食器・調理用具用」のあとに「スポンジ・プラスチック製まな板(除菌)」とあります。

食器以外の使い道は少し違っています。

4.液体の液性

「液性」というのは液体のPH値だと思うのですが、ジョイは「アルカリ性」となっていて、キュキュットは「中性」です。そのあたりも関係して、上にかいた「利用用途」に違いが出ているのでしょうね。

ジョイとキュキュットの使い心地、洗浄力の違いは?

では、肝心な使い心地や洗浄力の違いについてですが、実際に使ってみて感じたのは、洗浄力だけで言えばキュキュットよりもジョイの方が少し強いかな?っという感じです。

でも、テレビCMのように「吹きかけて泡が滑れば汚れが取れる!!!」というような感じではありませんが(;^ω^)

あとは、上でご紹介したようにスプレー容器の仕様の違いがあるのでジョイの方が使った食器や用具に泡付け置きするときには広範囲に吹き付けることができるのが便利だなっと感じました。

でも、キュキュットの方が泡の硬さはあるので、泡が食器に貼り付く感じがあるので、ストローなどの細いものにおいては注入しやすくて、汚れをじっくりと落としてくれるようなヘタレにくさを感じました。

あと、キュキュットの良さは「中性」ということで、肌に負担が少ない感じがいいですね。

最後に

いかがでいしたか?

これらの泡スプレータイプの洗剤は香りもいろいろあったり、詰め替えタイプも多く出ているので、どちらかお気に入りを決めたら詰め替えを買っていく方がコスパはいいです。

私は、スプレーはジョイの方が気に入ったので、そちらがメインにはなっていますが、一度ジョイのスプレーを買った後に、そのあとは中身だけ変えるという人もいるかも(^^)(笑)

でも、スプレータイプの洗剤は調理用具などにスプレーしておいて、食後に洗う時まで泡付け置きできるのでとても便利ですし、シンクを洗うのも簡単です。

あと、ポンプ式の洗剤だと台所の端の方に置く必要がありますが、スプレータイプだと握り取っ手があるので、バーにぶら下げたりすればシンク周りもスッキリとします。

いろんな面でおすすめなので、一度使ってみてくださいね(^^)

 

 

タイトルとURLをコピーしました