フマキラー虫よけバリア吊り下げの感想は?匂いやサイズをレビュー!

レビュー

梅雨時期の雨が降る頃になると、我が家の玄関先には蚊が寄ってきます。

殺虫スプレーとかするけど、風に飛ばされてしまうのか、効果があるのはほんの一瞬。

そこで、ぶら下げタイプの虫よけ「フマキラーの虫よけバリア130日用」を買ってきました。


フマキラーの「虫よけバリア」には130日用以外にも長めの期間のものやキティちゃんなどの可愛らしいものなどいろんなものがありますよ。
CHECK!>>フマキラー「虫よけバリア」の人気タイプを見てみる[楽天]

フマキラー「虫よけバリア130日」を使ってみた感想は?


こちらが、今回私が買ってきた吊り下げ式の虫よけ「虫よけバリア130日」です。

こちらを使ってみた感想は、薬剤のインジケーターが一目でわかるのがいいと思いました。

虫よけプレートは、「150日」「366日」といった使用目安期間というのがどの商品も書いてありますが、どの商品も注意書きに「使用環境により異なる」と書いてあります。

なので、薬剤の残量がよく見えるインジケーター付きは取替え時期が一目瞭然なのがわかりやすくていいです。

本来こちらはベランダや窓際にかけるためのものなのですが、価格が安くなっていたので「成分は同じだろう?」と思って、玄関用として買ってみました。

フマキラー「虫よけバリア130日」の微香性「天然ハーブ」の香りは臭い?

今回、私が買ってきた「虫よけバリア130日」は、微香性タイプでした。

香りの種類は「天然ハーブの香り」と書いてあります。

でも、虫よけ系の香りって臭い感じがするので、あまり期待はしないでいたのですが、実際に出して嗅いでみると「レモングラスの香り」が一番強いです。

レモンと青草の混ざった香り。特に、「虫よけだから臭い!!」というような苦痛になるニオイではなく、レモンの柑橘系の匂いに葉っぱっぽい青さがプラスされた香りです。

フマキラー「虫よけバリア130日」の使い方は?フックの取り付けサイズに注意!

こちらの「虫よけバリア130日」の設置の仕方は、とても簡単です。

箱から出してビニールパックからだします。そしたら、本体の中央になるアルミシートをはがします。

アルミシートが付いたままでも香りがするので、剥がすのを忘れそうですが、忘れずに剥がしましょう。

その後、フックを取り付けるのですが、フックの先に本体と接続するジョイントパーツがあります。このパーツですが、最初はギュッと本体に押し込めばいいのかと思っていたのですが硬くて入らず…。

よく見てみると、パーツの上部を洗濯ばさみのようにつまむことで、下部分が開くのでそこへ本体の穴をはさむ感じです。

ジョイントパーツには、ストラップのような紐が付いていますが、風になびかないように固定したいときは、その紐を取り除けば固定できる仕様になっています。

「虫よけバリア」の特徴は上から見たときの「S字型」ですが、この形は風に吹かれたときに回転しやすくするためだそうです。

我が家では、虫よけプレートカバーに入れていたのですが、今回購入した「虫よけバリア130日」は横幅が大きすぎて入りませんでした。

サイズは横幅が13cmで縦が19cmで、厚みは1.3cmですが波型なので奥行きは2cmちょっとありそうです。

でも、この波型のおかげで壁際に立てて置いても安定して自立しています。

CHECK!>>いろんな虫よけプレートカバーを見てみる[楽天]

 

フマキラー「虫よけバリア130日」の適応害虫は?

このフマキラーの虫よけバリア130日ですが、適応害虫は「ユスリカ」「チョウバエ」「キノコバエ」となっています。

我が家は、ひとまず「蚊」に対しての効果を期待していますが、玄関横にネコのフン害がよくあるので、ハエまでカバーしてもらえるのはうれしいです(^^)

さいごに

今回は、フマキラーの「虫よけバリア130」を買ってみた感想をレビューしました。

効果はまだ感じませんが、とにかく玄関先はあまり臭くしたくないので香りの部分がとても気になっていたのですが、鼻を持っていけばレモングラスの香りがしっかりしますが、玄関先に置いておくのには前を通ってもわからない程度です。(※後日、雨の日に玄関外に出ると晴れている日よりも少し香りを感じました)

玄関の出入りのストレスにならない香りで、害虫予防になるのでしばらく使ってみようと思っています。

フマキラーの虫よけバリアシリーズはソーラーインジケータ付きの366日用などもありますが、ご自宅の雰囲気や用途に応じてお好みのものを使ってくださいね(^^)

 

タイトルとURLをコピーしました