ランドセル老舗の池田屋はシンプルさが大人に人気!その口コミは?

雑貨

 


子供のランドセルを探す時期になると、どこのランドセルを選んだらいいのか迷いますよね。

いろんな飾りが付いていたり、価格も様々でどこのランドセルにしたらいいのかと悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

確かにいろんなデザインや素材などがあるけど、最終的に「6年間使うことを考えたらやっぱりシンプルなものがいいな」と思う人もいるのではないでしょうか?

そこで今回ご紹介するのは、装飾品なくシンプルな作りでありながら「ランドセルと言えば!」というほど人気のランドセルメーカー「池田屋」のランドセルをご紹介します。

ランドセルの老舗「池田屋」

こちらが池田屋のランドセルです。
見た感じはとてもシンプルですよね。

装飾品もなく、何で人気があるのかわからないと感じる方もいるかもしれませんが、実はこのシンプルさが人気の理由なんです。

ランドセルを購入する親の気持ちからすると、「6年間飽きることなく使ってほしい」という気持ちがありますよね。

そんな親御さんや大人に人気の高いランドセルがこちらの池田屋のランドセルなんです。

 

池田屋のランドセルが大人に人気の理由は?

では、こちらの池田屋のランドセルは大人に人気があるのでしょうか?
その理由について調べてみました。

池田屋のランドセルはどのラインも同一仕様・同一機能

池田屋のランドセルは、見た目でだけではなく価格設定もシンプルです。というのも、いろんなラインナップが用意してある池田屋のランドセルですが、どの仕様を選んでも同じ性能です。

そして価格の違いはランドセルの表面素材や配色の違いです。 どれを選んでも、ベースとなる性能は同一レベルとなっているので「あの使用だけ付けて欲しいのに、そうなると価格が高くなるのか…」とがっかりする気持ちになることがありません。

飽きずに愛せるシンプルの魅力

ここが池田屋のランドセルの一番の特徴ではないでしょうか?
心身共にいちばん成長する小学校の6年間。その成長にあわせて、子どもの興味や好みも変わります。
そこで、あえて刺繍などの装飾は施さず、シンプルなデザインにこだわって作成することで飽きることなく使い続けることができるようにという配慮です。

スッキリ設計の「ギボシベルト」

わき腹や肘に当たるバックルベルトのあの痛み。子どもたちの辛さを何とか軽減したい一心で開発したのが、ベルトバックルの金具に出っ張りのないすっきり設計の「ギボシベルト」です。子どもへの想いを形にした池田屋だけの特別仕様です。

独自のフレーム一体構造

老舗ならではの経験。修理を通じて分かったランドセルの弱点「大マチ部分の強度」。池田屋のランドセルは本体の内側をハイパール樹脂製の一枚板ですっぽり覆う一体構造・圧力を受けてもつぶれない抜群の強度を誇ります。
強固な樹脂板を縫い込む作業は難しく、手間もかかりますが、絶対に譲れないこだわりです。

広がる小マチで業界最大クラスの大容量

池田屋ランドセルの内寸(大マチ部分)は横幅23cm、高さ31cm。マチ部分は業界最大クラスの12cmです。ベルト調整で伸縮する小マチは最大4.5cmまで広がります。総マチ幅は最大16.5cm。サブバッグで持っていく体操着や給食袋、水筒もすっきり大マチに収まります。

池田屋のサイドフックは掛けて引くだけ

ランドセルのサイドについている便利なフック。でも、ものによっては「バネが硬くて紐が外せない」という子どもたちの声があるのも事実。そこで池田屋のランドセルはフックの先端にV字の切れ込みが入った「池田屋フック」を採用。袋を掛けるときも、外すときも、フックにヒモを掛けて下に引くだけ。片手でカンタンに着脱できます。

壊しても壊されても卒業まで続く「子ども思い保証」

元気いっぱいの小学生時代。みんながみんな丁寧に使ってくれるとは限りません。
帰ってすぐ友達の家に行こうとして玄関にポーンッと投げて行ってしまうことだって、友達とふざけてランドセルを引っ張りあいをすることだってあるかもしれません。
でも、池田屋ならランドセルが届いたその日から。壊しても、壊されても、卒業まで安心の無料修理保証が付いています。

 

池田屋ランドセルの付属品は?

池田屋のランドセルの付属品として本体以外に標準でついてくるものはあるのでしょうか?
付属品についてまとめてみました。

移動式防犯ブザーフック

子供の登下校の安全のために常時ランドセルの取り付けを義務づけられている防犯ベルやホイッスル。危険を感じたときにすぐに手に掴むことができることが絶対条件ですよね。
池田屋のランドセルは、ベルトを伸ばすと防犯ブザーが肩の方にずれてしまうことや、左利きの子どもたちには扱いにくいことを考えて、子どもの使いやすさを最優先しました。その結果、池田屋の防犯ブザーフックは成長に合わせて付け替え可能な移動式。フックをベルト穴の使いやすい位置に取付れば常にブザーはベストポジション。ブザーを使わない場合は取り外しておくこともできます。

安全のための反射シールは紛失時の追加・劣化時の交換無料

一般的なランドセルによく使われているのは鋲タイプの反射材ですが、それでは使用している間に擦れなどにより表面が削られるたびに反射性能が落ちてしまいます。
そこで、池田屋のマイクロプリズム式反射材を付属
マイクロプリズム式反射材は、一般的な反射材よりも耐水性・対傷性に優れ、光の反射量は実に3倍という優れもの。
必要な学年になってから付けられるシール式で、劣化してもカンタンに交換可能です。そして、シールタイプにありがちな紛失や使用継続での劣化などによる交換を希望した時は無料で新しい反射シールを用意してくれます。

型押しイニシャルサービスで「自分のランドセル!」という特別感!

池田屋のランドセルは、とてもシンプル。その中でもオリジナリティを出してくれるのが、「自分だけの特別感がうれしいイニシャル無料刻印」です。「コレが自分のランドセル!」という思いが、ランドセルへの愛着になるでしょう。いつまでも大切に使ってほしいと願う、池田屋ならではの特別なサービスです。(No.12タイプは除く)

池田屋のランドセルの気になる口コミは?

作りはシンプルに、飽きの来ないデザイン、丈夫さや機能を考えれれている池田屋のランドセル。

人気の高さは楽天の口コミ件数も2000件を超えることからも分かります。
でもやはり、実際に使っている人の感想は気になりますよね。

そこで、楽天のレビューから実際に購入した人の感想をご紹介します。

・クラリーノは軽くて子供にはよいです。
・小学校に上がる息子にクラリーノのつや消しグリーンを購入。キラキラしたランドセルが多いこの頃、ここまでシンプルなものはなかなか出会えません。
・ランドセルの軽さに驚きました。軽くて大容量なんで教科書以外も色々入りそうです。
・娘は4年生になりましたがランドセルは型崩れすることなくきれいなままです。
・5年生の上の子も同じランドセルを使っています。乱暴な扱いでもぜんぜん大丈夫です。
・安全を考えてバックルを使わなかったり、転倒事故・巻き込み事故を考慮したフックを自社開発したりしている点も大きなポイントになりました。
・クラリーノですが 6年の使用にも十分な耐久性で雨もはじくし、型崩れもないし、綺麗だし、軽いとコストパフォーマンスがよくたいへん満足しています。
・5年使った今でもそのまま次女に使わせていいくらい綺麗な状態です。
・故意の破損や落書きにも無料補償という、お店の姿勢にも安心しました。
・今まで生きた同じ年(今の倍になる歳)まで使うランドセルです。シンプルが一番。

口コミを見ていて気になったのが、ランドセルのフタを閉めるところのロックが「手動ロック」であることが気になるという声が何件かありました。
そこで初めて知ったのですが、最近では「自動ロック」というものを採用しているブランドもあるのですね。

でも、池田屋さんが自動ロックを採用していないのは「自動ロックは壊れやすく修理が大変なのであえて手動ロック」にしているのだそうです(カタログ請求したらそこに書いてありました^^)。

その他には、やはり「作りがしっかりしている」「デザインがシンプルなのがやはり良かった」などの声が多い印象です。

 

さいごに

いかがですか?

たくさんの刺繍や飾りが付いているランドセルも確かに可愛らしいですが、池田屋のランドセルのシンプルさには理由があるのが分かると、「なるほどそれもそうだな…」と思うところもあるかもしれません。

そうなると、こういうシンプルなランドセルを選ぶ人が多い理由もわかりますね。

人生に一度きりのランドセル購入。
お祝いの気持ちを込めた贈り物だからこそ、長く使ってもらえるランドセルを選んであげたいですよね^^

 

 

【併せて読みたい記事はこちら!】
CHECK!>> ランドセルLIRICOはレースやティアラの刺繍がロマンティック!
CHECK!>> 「コクヨ×あんふぁん」は安値でシンプルが人気!その口コミは?

タイトルとURLをコピーしました