ホームベーカリーよりニーダー?プロ並みの手ごねができるおすすめ商品は?

家電


お家でパン作りってしたことありますか?

実際にパン生地をこねる作業をしてみるとわかるのですが、生地を捏ねるというのは、とにかく大変です。

最初は手にベタベタとついてまとまらず、まとまったら今度は力を入れて捏ね上げていく。簡単に作れるレシピを参考にしても、その二点だけは変わらない…。

そこで、ホームベーカリーの購入を考える人も多いと思いますが、家庭によっては量的にホームベーカリーでは追い付かないこともありますよね。

そこで提案したいのが、「こねる作業だけを機械にお願いする」ということ。
今回は、日本ニーダーの生地こね機「パンニーダー」をご紹介します。


ニーダーというのは「生地こね機」の別名ということもあり、楽天の人気ランキングではホームベーカリー部門にも名前が出てきています。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
CHECK!>> ホームベーカリー人気ランキングTOP20[楽天]

 

日本ニーダーの生地こね機「パンニーダー」

楽天のホームベーカリー部門のランキングを見ていると、なぜかニーダーが入っているので、一瞬「あら?」と思うかもしれませんが、この商品の詳細を見ると「なるほどな!」とランキング内に入る理由がわかると思います。

なので、まずはなぜパン生地を捏ねるという話の中で、この「ニーダー」というものがお勧めなのかご紹介します。

 

生地こね機「パンニーダー」がお勧めの理由

では、この日本ニーダーのパンニーダーがなぜお勧めなのかご紹介しますね。

お勧めの理由は以下の6点なのですが、一つずつご紹介しますね^^

 

こねる工程に特化した生地作り

まず、パンを作る工程の中で一番重要なのが「こねる作業」。

このこねる作業がうまくできないと、パン生地がしっかり発酵しなかったり、ふっくらと焼き上がらなかったりして美味しいパンになりません。

このパンニーダーはその「こねる作業」に特化してプロの手ごねを再現したこね機です。
生地を傷めないように包み込むように優しくこね、きめ細かくグルテンの伸びの良い生地に仕上げます。

レーズンなどを混ぜ込む際も、それらを潰すことなく均一に混ぜ込むことができますし、うどんを作るときもコシのある生地に仕上げてくれます。

 

パネル式の操作盤

操作盤はパネル式。
ポットの温度もリアルタイムで確認できます。

デジタルタイマーもついているので、「こね・発酵※・ガス抜き」といった作業をすべて自分の好みに時間設定することができます。

羽根の回転速度は5段階切り替えになっています。(※自動発酵機能はない)

ホームベーカリーのようにポットとモーターが一緒に庫内にある内釜方式と違って、ポットだけが外にある外釜方式なので生地こね中に発生するモーター熱による過発酵などを防ぐことができます。

 

ステンレス製ポットで清潔

ニーダーポットはステンレス製。内表面に凸凹がないのでお手入れも簡単です。
付属でついている泡立て羽根でこねる以外にも、メレンゲ・生クリームなども簡単にできます。

 

フタなしでは動かない安全設計

ミキサーでもフードプロセッサーでも回転して使うものには共通する手指の巻き込みの危険性。

このニーダーも刃物ではないものの羽根の回転があるので、その所は安全性を考えたいところです。

この商品は、フタをしないと稼働しないという仕様になっているので、安心して使用できます。

 

一度に大容量をこねることが可能

ホームベーカリーでは一度にこねる量はそんなに多くできませんが、ニーダーの良いところはこねることに特化していることでポットが大きめなこと。
こちらのニーダーは粉量300g~1.2㎏まで対応しているので、一度にたくさんの生地をしっかりと捏ね上げることができます。

 

付属品も一式そろって便利

こちらのニーダーは一式の中に必要なものはセットされているので、「あれがあれば…」ということはありません。

自動の温度調節はありませんが、ポットがすっぽりと入る専用の保冷剤などもセットされているので、冷却する時に困ることはないようにしてあります。

[ 仕様 ] ◇サイズ:W274×D375×H387mm
◇重量:約5.2kg
◇電源・交流:家庭用電源 100V 50/60Hz 180W
◇コード長:2.0m ※取り外し可能
◇保証期間:1年間
◇材質:本体/ABS、蓋/PP、ポット/SUS、羽根/プラスチックPOM
◇セット内容:本体、ポット、フタ、こね羽根、泡立羽根、保冷剤、取扱説明書、レシピBOOK

 

気になる口コミは?

ホームベーカリーと違って、珍しい機器だと実際に使った時のイメージが湧きにくいもので、気になるのはすでに使っている人の感想ですよね。

楽天の口コミから使用した人の感想をご紹介します。

・手ごねをするより早く捏ねあがって楽ちん。
・生地の温度が上がりやすいが付属の冷却パックを使えば大丈夫。
・スピード調節機能が便利
・一度にたくさんの生地を仕込めて便利
・ホームベーカリーより本格的なパンになる
・一度に2斤のパンを二本焼くために購入。
・音も静かで、ポットの取り外しも簡単
・パンもうどんもOK。レパートリーが増えた。
・生地の温度が目に見えるので便利
・たくさんの量をこねたいのでホームベーカリーから切り替え。ベーグル生地などは簡単にできるが、オリジナルに使うのは慣れが必要。

 

さいごに

いかがでしょうか?

口コミにもホームベーカリーからニーダーに切り替えたという声がありましたが、やはり一度にたくさんの生地を捏ねるにはニーダーの方が楽ちんかもしれませんね。

我が家は大人二人と幼児二人の家庭ですが、それでも800gの粉で作って二日ほど朝食に出せばなくなってしまします。作業になれて急いで捏ねても30分はかかりますし、捏ねあがりは私自身が疲れています(笑)

でも、生地こね機があればその30分の間に他のこともできるし、手で捏ねるより力があるので美味しい生地ができるし良いことばかりですね。

一度にたくさんの生地を作っておいて、朝は焼くだけなどにしておくこともできますし。

大変なことは機械に頼って、効率よく時間を使いつつ、美味しいパンを食べるためにはホームベーカリーに固執せず、こういった専門機器を使って時短をするのがお勧めですよ^^

 

【あわせて読みたい記事はこちら!】
CHECK!>> ホームベーカリーおすすめ4選!

 

 

タイトルとURLをコピーしました