子供の歯磨き練習や時短におすすめ!「ハミガキ上手」のレビュー!

雑貨


子供の歯磨きって毎日のことですが、大変じゃないですか?

口を開けるのを嫌がったり、歯ブラシを入れること、ゴシゴシ磨くこと。子供は全部嫌がりますし、丁寧に磨こうと思うと唾液が口の中に一杯になって奥の方がよく見えなくなってしまったり。

そんな状態だと、しっかり磨いてあげたくてもどこが汚れているのかわからなかったり、焦るあまり磨き残しが出てしまったり。

実際に我が家でも子供たちは歯磨きが大嫌いでしたが、あるものを使ったことで、子供の歯磨きをしっかりと時短にできるようになりました。

そのあるものというのが、こちらの「ハミガキ上手」という子供用液体ハミガキ。

今回は、我が家での子供の歯磨きが楽になったお役立ちアイテム「ハミガキ上手」をご紹介します。

子供用液体ハミガキ「ハミガキ上手」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

こどもハミガキ上手(180mL)
価格:598円(税込、送料別) (2019/5/11時点)

楽天で購入

 

こちらが子供用液体ハミガキの「ハミガキ上手」です。

こちらは大人の使う液体ハミガキのように無色透明の液体ハミガキではなく、真っ赤な色素がはいっているもので、ブラッシングする前にこちらを口に含んでからクチュクチュして、歯についている歯垢に色を付けることができる液体ハミガキです。

 

「ハミガキ上手」を使ってみようと思った理由

そもそも、なぜこの「ハミガキ上手」を使おうと思ったかですが、子供の歯磨きを始めたときに本当にきれいに磨けているか自信がなかったからというのと、歯磨きを嫌がる子供の歯磨きを無理やりにすることがストレスになっていたからです。

子供の歯は乳歯なので、「少々磨き残しがあっても抜けて永久歯に代わるから大丈夫」という人も周りにはいたのですが、口の中に虫歯菌があると永久歯に生え変わってもすぐに虫歯になってしまいそうな気がしたんです。

そうなると、子供の歯磨きの仕上げ磨きは責任重大!
でも、歯垢ってそんなにはっきり見えないんですよね。

でも、しっかり磨いてあげたい気持ちと歯磨きが嫌いな子供の気持ちがぶつかって毎日大人は怒り、子供は泣くという悪循環。

この悪循環を何とかしたいと考えていた時に見つけたのがこちらの子供用液体ハミガキ「ハミガキ上手」でした。

 

「ハミガキ上手」を使った感想

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

こどもハミガキ上手(180mL)
価格:598円(税込、送料別) (2019/5/12時点)

楽天で購入

 

では、実際に「ハミガキ上手」を使ってみた感想を書いていきます。

まず、フタの部分か計量カップになっていますので、それで液体の量を測れるようになっています。(この計量カップはボトルの上部にかぶせることができるようになっていますが、カチッとはめるようにはなっていないので保管時は気を付けた方がいいです)

計量カップには3mlと5mlの目盛りがついていますが、一回当たりの使用量は3ml。5mlの目盛りは何かな?っと思ったのですが、大人でも使う人が多いようなので、大人用の目盛りかもしれません。(ボトルをくまなく見てみてましたが5mlの目盛りについては何も書いてありませんでした)

計量カップに出した液体の色はビックリするくらいも真っ赤です。誤飲注意という注意書きがありますが、食品用の色素なので万が一飲み込んでも問題はないようです。

それを口に含んでクチュクチュした後に口から出し、歯磨き開始!一度ハミガキをした後の仕上げ磨き前にしてもいいのかもしれませんが、二度手間になるので我が家では最初から使っています。

クチュクチュをした後の子供の歯は、しっかりと歯垢に色が付いているので、歯ブラシを使ってブラッシングを開始。

歯垢の付いていないところも薄っすらピンクになっていますが、歯ぐきの際や、歯の隙間などは赤みが強く見えるので、全体的に磨きつつ赤みの強いところを丁寧にすることができてわかりやすいです。

赤い歯垢が取れたらあとはうがいをして流すだけ。
とても簡単に歯磨きをすることができました。

試しに、自分自身が歯磨きをした後に使ってみたのですが、歯磨き後に使っても磨き残しが赤く色づいていたので、意外と磨き残しってあるんだなっと実感しました。

歯磨きって「子供のする歯磨きは不充分だから大人の仕上げ磨きがいる」って思ってましたけど、大人でもきれいに磨けているというわけではないんだなっと思いました。

なので、大人が仕上げにきれいに磨いてあげてるつもりでも、本当は残っているのかもしれません。

 

「ハミガキ上手」を使ってみた感想と子供たちの反応

実際に「ハミガキ上手」を使ってみた感想を結論から言うと我が家では使って正解でした。

その理由を5歳の長女と3歳の次女の反応で書いてみますね。

 

3歳児の歯磨きが楽になった!

3歳の次女においては、歯磨きが大嫌いで歯磨きをしたがらず、毎日泣いては無理矢理に歯磨きをしていたのですが、これを使うようになってからは「あのイチゴのして!」と歯磨きをしたがるようになりました。

本人も歯垢が赤くなることや、下が赤くなることが楽しいようです。味もしっかりと甘いイチゴ味なのが良いようです。

歯垢にしっかりと色が付くので、こちらも無駄に力を入れたり、時間をかけたりしなくて済むので、いつまでもゴシゴシとする必要もなく、子供も大人もストレスなく歯磨きをすることができるようになりました。

 

5歳児の歯磨き練習に最適!

5歳の長女は保育園で歯磨きを始めたときに「自分でしたからいい!」と仕上げ磨きを嫌がり、説得して仕上げ磨きをしていた時期がありました。

が、最近は「歯磨きは親がする」という形になっていて。

でも、そんな時期から二年が経過しているので、試しに「赤が濃いところは汚れが残っているから、赤がなくなるように磨いてみてね^^」というと、自分で鏡を見ながら磨き、あとで確認してみるとかなり上手に磨けていました。なので、仕上げも楽でしたよ^^

やはり、歯垢や食べかすに色が付いていることで、子供自身もわかりやすいことから、子供自身のやる気につながるのだと思いました。

仕上げ磨きのためだけではなく、子供自身の歯磨き技術の向上にもなりそうです。

 

「ハミガキ上手」使用時に気を付けたいこと

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

こどもハミガキ上手(180mL)
価格:598円(税込、送料別) (2019/5/12時点)

楽天で購入

 

このハミガキ上手ですが、使ってみて使用時にちょっと気を付けたいポイントがあります。

 

使用するタイミング

使用するタイミングは夜の歯磨きがベストです。

理由は、このハミガキ上手を使用すると歯垢だけではなく、舌も真っ赤になってしまいます。でも、夜使って一晩したら朝はもう消えているので、使うタイミングは夜の歯磨きの時が良いと思います。

色素による染色に注意

実はこのハミガキ上手ですが、使用時に洗面ボウルや歯ブラシも色が付いてしまいます。

私も最初ビックリしました。我が家の洗面台はリクシルのシステム洗面台ですが、吐き出した後にお湯で流しながらスポンジでこすれば落ちます。

洗面ボウルの素材にもよると思うので気になるようでしたら、少し垂らして確認する・他のところに出すなどの方法をとると良いかもしれません。

歯ブラシに関しては、全体的に真っピンクになります。でも、何日か使わないとまた白い歯ブラシに戻っていますよ^^

 

使用可能年齢は?

使用対象年齢は特に記載はないのですが、個人的には「親の言うことが分かる」「クチュクチュペーができる」この二つができるようになってからがいい気がします。

というのも、飲み込んでも害はないものでできているでしょうが、やはり誤飲は注意事項として記載されています。

なので、最初の使い方の説明が分かる理解力と、クチュクチュペーができる行動能力は最低限必要だと思います。

我が家ではクチュクチュはできるけど、味が付いていると飲んでしまいそうだったので時期を考えていたのですが、上の二人 共が三歳くらいになると理解できるようになったので、そのくらいから使い始めました。

 

さいごに

いかがでしたか?

子供の歯磨きを子供も楽しく、大人も楽ちんにすることができる「ハミガキ上手」という子供用液体ハミガキ。

子供が大きくなるにつれて自分でしっかりと歯を磨くコツをつかむためにもお勧めの商品です。

もし、子供の歯磨きを苦痛に感じているようでしたら、試してみてくださいね^^

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

こどもハミガキ上手(180mL)
価格:598円(税込、送料別) (2019/5/11時点)

楽天で購入

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました