ハホニコ速乾ヘアドライタオルって知ってる?髪を時短で乾かせる!

雑貨


これからの季節、汗もたくさんかく季節になりますね。

そうなると、お風呂に入るのは絶対になってくると思うのですが、頭から体まで洗ってスッキリした後にまっているのは…。

 

そう、面倒な「髪を乾かす」という作業。

 

髪をしっかりとタオルドライしてからドライヤーをかけたとしても、結構時間がかかりますし、夏場の温風ドライヤーは乾かしているそばから汗が出てきて、乾かしているのか濡らしているの変わらない悪循環になりがちです。

 

そこで今回ご紹介するのは、そのドライヤーのヘアドライの時間を時短することができると人気のハホニコの速乾ヘアドライタオル「マイクロファイバータオル」です。

こちらが今回ご紹介するハホニコの速乾ヘアドライタオル「ヘマイクロファイバータオル」です。

 

こちらの商品はテレビで放送されて以来、注文が殺到している人気商品です。

 

「美容師さんが考えた髪のためのタオル」って何がすごいの?

今回ご紹介するこのハホニコの「ヘアドライタオル」ですが、パッケージにも書いてある通り、「美容師さんが考えた髪のためのタオル」というのがポイントになっています。

というのも、美容師さんという髪のことに詳しい「髪のプロ」が思案して作られているので、美髪になれるようなポイントを押さえて開発されているんです。

 

美髪になるために!髪を傷める原因を知ろう!

女性なら誰でも艶々とした美髪に憧れはあるのではないでしょうか?

 

でも、意外と髪に悪いこと、髪を傷めることしていませんか?

 

髪をきれいに保つためのポイントとして、一番気を付けたいのは「シャンプー後の髪が濡れているとき」。この時は、髪が乾いているときよりも無防備で傷みやすいタイミングです。

 

そんな時にしっかり根元まで乾かそうとして長時間の高温ドライヤーをしてしまうと熱によって髪が過度に乾燥してしまったり、逆に面倒くさくなって適当に乾かしてしまうと、タオルや寝具などで摩擦が起きてしまって髪を傷めてしまう原因になりかねません。

 

でも、悪いと知りながらやってしまっている人って意外と多いですよね。

 

ハホニコのヘアドライタオルはマイクロファイバーの吸水量がすごい!

そこで、シャンプー後の濡れた髪を傷めないためにするにはどうしたらいいのか?ということなのですが、その方法は「こすらない」「ドライヤーをあて過ぎない」ことです。

 

そのために大事なのはタオルドライの時点でしっかりと髪の水分をとり、なるべくドライヤーの時間を短縮することがポイントですよね。

 

でも、今までのような綿のパイル地のタオルだと、髪の水分を吸収するのにとても時間がかかっていませんでしたか?

 

そこで、このハホニコのヘアドライタオルがお勧め!このヘアドライタオルの素材はマイクロファイバーなので、綿のパイル生地のタオルに比べて吸水量が約4倍。すごいですよね。

 

ハホニコのヘアドライタオルを使うとなぜ早く乾くの?

では、なぜこのハホニコのヘアドライタオルはそんなに吸水量がすごいのでしょうか?

 

それはこの「マイクロファイバー」という素材に理由があります。

 

マイクロファイバーは極細の化学繊維で、一本一本に無数の隙間がありそこに水分が吸水されることで、たくさんの水分を吸収することができるんです。

 

そして、このマイクロファイバーという素材は、化学繊維ということもあり、洗濯した時にも湿気がこもらず速乾性にも優れた繊維です。

 

ふんわり感触!ハホニコのヘアドライタオルは織り方が違う!

こちらのマイクロファイバーですが、化学繊維と言ってもとても髪や肌に優しい感触になっています。

 

というもの、一般的に触感がふんわりしているとされる綿のタオルは両面共に糸がループ(輪)状になってるので、何かと引っ掛かりやすいものですが、ハホニコのタオルはループの輪をカットしてあるので、絡まることがありません。

 

さらに片面ごとの毛足の長さも長めの6㎜。生地に上下6㎜ずつなので厚みは単純に約1.2㎜と厚めなのでふんわりとした触感です。

 

そんな、吸水性に富んだ繊維が裏表に長めに織られているので、濡れている髪への接地面が増え、早くたくさん吸水することができるのです。

 

その結果、髪との摩擦を減らし、摩擦によるキューティクルの剥離や角質の負担を軽減できるんです。

 

ハホニコのヘアドライタオルの大きさは?

こちらのハホニコのヘアドライタオルの大きさですが、

 

一般的なフェイスタオルは34×80~90㎝。
一般的なバスタオルは60×120㎝。
ハホニコのヘアドライタオルは38×85㎝。

 

一般的なタオルに比べると一回り程度大きめです。

 

でも、この絶妙なサイズ感は毛量の多い人やロングヘアの人でも使いやすいサイズで、フェイスタオルでは小くてすぐにビショビショになってしまうし、巻くのには小さいといった声や、バスタオルは頭に巻くには重いという声に対応しています。

 

お勧めなのは大人だけじゃない!?赤ちゃんにもお勧め!

こんな便利なタオルですが、お勧めしたいのは大人の方だけではありません。

 

では、どんな人にお勧めなのか?
実は、子供や赤ちゃんに使用するのもお勧めです。

 

確かに、赤ちゃんや子供のお世話が忙しいママにとって自分のヘアドライの時間が短くなれば、それだけでも時間的な余裕ができますが、それ以外にもメリットはあります。

 

それは、赤ちゃんや子供の髪を早く髪を乾かしてあげることで、湯冷めすることも防げますし、それによって風邪を引くなどのリスクも減らすことができます。

 

さいごに

いかがですか?

毎日大変な思いをしてしているヘアドライ。
タオル一枚買えるだけで、時短できるなら使ってみても良いですよね。

 

 

【あわせて読みたい記事はこちら!】
CHECK!>> 髪がすぐ乾く!ハホニコの速乾ヘアドライマイクロファイバーの口コミは?
CHECK!>> 本当に髪が早く乾くの?ハホニコのヘアドライタオルを使ったレビュー!
 

タイトルとURLをコピーしました