ワイヤレス充電器の非対応を対応機種に!?レシーバーシートが人気!

雑貨


スマートフォンの利用者が増えてきている時代になってきて、それに伴いいろんな便利グッズがでてきていますよね。

その中でも近年人気の高いアイテムが「ワイヤレス充電器」です。
いちいちケーブルの抜き差しをしなくても、充電器の上にポンッと置けば充電してくれるという便利さが人気の理由です。

でも、この便利なワイヤレス充電器ですが、まだ新しい商品と言ことで対応しているスマートフォンがまだ少ないんです。例えば、利用者の多いiPhoneでいえばiPhone8からの対応となっているとか。

そうなると、それ以前の機種の人だと諦めないといけないのか?無駄に機種変更をしないといけないのか?
いえいえ、諦めるのはまだ早い!ワイヤレス充電器非対応の機種でも使えるようになるアイテムがあるんですよ。

今回は、そんな起死回生をしてくれるアイテム「Qi対応レシーバーシート」をご紹介します。

Qi対応ワイヤレス充電レシーバーシート

こちらが、ワイヤレス充電器非対応のスマートフォンを対応機種に変えてくれる「ワイヤレス充電レシーバーシート」です。

これをスマートフォンの充電口に差し込み、背面に貼れば充電器に置くだけで充電することができるスマートフォンに早変わりすることができる、すごいアイテムなんです。

 

Qi対応って何のこと?

ワイヤレス充電というものを調べると「Qi」という文字がよく書いてあるのを見ると思いますが、この「Qi」とはなにのことでしょうか?

この「Qi」とはスマートフォンや携帯のワイヤレス充電で最も多く使われている規格の一つです。
対応の充電器にはこのマークが付いています。

 

レシーバーシートの使い方は?

では、このレシーバーシートの使い方はどのように使うのでしょか?

まず、こちらのレシーバーシートはandroidとiPhoneで充電ケーブルを差し込むコネクタの形状が違うので、それぞれに合わせたものを選ぶ必要があります。

そして、それぞれに合わせたシートをスマートフォンの充電コネクタに差し込み、携帯の背面に貼るだけです。機種によっては背面のカバーを外してスマホ本体の中に装着することもできます。(コネクタの形状はショップの詳細を確認してください。可能な場合は中に装着することを推奨とされています)
それだけで、ワイヤレス充電に本体をかざすだけで充電ができるようになります。
注文して届いたらコネクタに差し込んで…完了です!

 

ワイヤレス充電のメリットは?

これまで携帯を毎日ケーブル充電していた人からすると「別にシートを買ってまでは…」ということもあるかもしれませんが、ワイヤレス充電にすることは普段の煩わしさを軽減するだけではなくスマホのためにもいいんです。

ケーブルを毎日抜き先することで起きてしまいがちな、ケーブルの断線や不意の自己の危険性も避けることができますし、毎回両手でガチャガチャとしていた作業も片手でポンッと置けば完了。

上から置くだけなのでわざわざケーブルのある所まで行かなくても、360度どこの方向からでも置くことができます。

充電後もケーブルを引っ張ってしまうこともなくサッと持って出ることができます。

さらに、ケーブルだとつい放置しすぎてやりがちな過充電を防ぐことができるので、スマートフォンのバッテリーへの負担を軽減することができるんです。

そうやって考えると、ちょっとしたことですがプチストレスがまったくなくなりますよ^^

 

CHECK!>> ワイヤレス充電器は縦・横置きできて便利!

 

ワイヤレス充電レシーバーシートの仕様は?

このワイヤレス充電レシーバーシートの仕様はどのようなものなのでしょうか?

あまり大きくても困りますよね。

こちらはとてもコンパクトで超軽量になっているので全く邪魔になりません。

 

レシーバーシート購入時の注意点は?

このワイヤレス充電器非対応の携帯やタブレットを、ワイヤレス充電器で使うことができるようにする、レシーバーシートですが、購入する時に気を付けないといけない点があります。

それは、レシーバーシートのUSB端子の形を確認することです。

こちらは、「android対応」と「iPhone対応」の二種類あります。
その違いは、そのシートを差し込むためのUSB端子の形です。なので、購入時は自分の使用する予定の端末がどの形なのか確認しましょう。

 

気になる口コミは?

とはいっても、いざ試してみるといっても気になるのは実際に使ってる人の感想ではないでしょうか?
そこで、楽天通販で実際に購入して使用している人の感想を口コミからご紹介します。

・充電がポンと置くだけでとても楽になって良かったです。
・早速使用してみましたが、思った以上の薄さに驚きました!手帳型のケースを使用していますが、特に干渉することもなく、問題ない。
・我が家はスマホの数が多く充電する時はコードのからみを解くことが面倒だったが、この商品はコード関係なしで充電できるのでコードのイライラから解放されてよかった。
・非接触充電はやはり便利。もっと早くから買っておけば良かった
・iPhone7を使っています。早速使ってますがいいです
・novalite2にて問題ない。スマホカバーを付けて充電したがしっかり反応
・スマホに装着すると、スマホカバーが少し膨らみますがあまり気になりません
・置くだけで充電できるのは非常に便利です。薄いのでケースに入るからスマートに纏まります。
・手帳型ケースの0.5mmほどの樹脂と合皮ケースを突破して無線充電できたので
感度は結構良い
・家族のハードケース、シリコン、合皮の手帳型ケースでもチェックしてみましたが、全て充電可能でした
・iPhone5とiPodに使おうと購入。乗せるだけって本当に楽です<注意点は?>
・ZenFoneは「一般的な電話とmicroUSB端子の向きが上下逆」なので、そのままの向きで貼ると
仕様の書かれたラベル側が表に露出するためQiチャージャーとコイルが向かい合えずに充電が始まりません。
商品写真の電波マークが見える向きに貼るように注意
・充電スピードは有線よりも劣るので急ぎの場合は要注意
・うまく充電出来ていないときは、スマホケースの中でレシーバーが遊んでいる時なので、セロテープでスマホケースに固定しています

利便性を感じている人はやはり多いです。

しかし、機種によっては注意が必要なのでそこだけ気を付けた方がよさそうです。

 

さいごに

いかがでしたか?

ワイヤレス充電器の存在を知って「便利そう!使ってみたい!」と思ってはみたけど、どの充電器の説明書きを見ても自分の携帯電話が非対応で諦めていた人は、こういったプラスワンのアイテムを使えば対応機種にすることができますよ。

ワイヤレス充電器を試したいと思った時にもし携帯やスマホが非対応だったときは、こちらもセットで用意してくださいね。

もちろん、こちらだけでは充電できませんので、ワイヤレス充電器も忘れずに用意しましょうね^^

 

[itemlink post_id=”5290″]
タイトルとURLをコピーしました