リトルキディーズの後乗せ用レインカバーは子供の視界360度透明で人気!

雑貨


子供を持つママで、自動車を運転する自信のないという人も多いようで、自転車で移動するというママをよく見かけます。

大きな買い物は週末に行くとして、普段の子供の保育園への送り迎えなどだけなら、自転車はとても軽くて小回りも聞く優秀な乗り物です。

しかし、子供を乗せて移動するとなると、気になるのが雨天の日。

雨の日にはチャイルドシート用のレインカバーが必要になるのですが、親の背中だけしか見えないよりも、子供の視界も見晴らしの良いものを選んであげたいですよね^^

そこで今回は、そんな子供の視界も確保できるレインカバーが欲しいと思っているママにお勧めのリトルキディーズのチャイルドシート用レインカバーをご紹介します。


自転車で子供と移動をすることが多い時に必要なアイテムとしてレインカバーですが、楽天通販でもいろんなものがありますよ^^
CHECK!>> サイクルカバーランキングTOP20[楽天]

 

リトルキディーズのチャイルドシート用レインカバー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リトルキディーズ チャイルドシートレインカバー 後用 Ver3
価格:8980円(税込、送料別) (2019/4/7時点)

楽天で購入

 

こちらがリトルキディーズのリアレインカバーです。

チャイルドシートに装着した時に360度が透明になっているので、子供の視界を全く妨げることのない仕様になっています。

 

自転車のチャイルドシートレインカバーは付けっ放しにする?

自転車での移動が多いと、雨の日に子供を乗せて移動することもあるのでレインカバーは必須です。

とは言っても、「雨の日だけなら、その日だけ歩いていくからいらないかな?」というママもいるかもしれません。

しかし、チャイルドシートレインカバーが必要なのは雨の日だけではありません。

例えば、風の強い日。

いろんなものが飛んでくる中の自転車走行では後ろに乗っている子供は死角になるため、安全を確認することができません。

でも、カバーを付けて置けば小さな飛来物ならはねのけることができて安全です。

安全性でいえば、細い道を走行する際に、そのサイドにもし植木などの葉がせり出していた時も、子供にあたるのを妨げてくれます。

さらに、季節柄でいえば花粉の季節は花粉などのアレルゲンからも、雪の降る寒いなら冷たい外気からも、交通量の多いところであれば排気ガスからも守ってくれます。

そう考えると、レインカバーは雨の日だけではなく、むしろ付けっ放しでいるくらいで考えた方がいいでしょう。

そうなると、やはり子供の視界をしっかりと明るく広く確保できるリトルキディーズのレインカバーが人気なのがわかりますよね^^

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リトルキディーズ チャイルドシートレインカバー 後用 Ver3
価格:8980円(税込、送料別) (2019/4/7時点)

楽天で購入

 

 

リトルキディーズ後乗せ用レインカバーの人気の理由は?

では、このリトルキディーズのチャイルドシート用レインカバーの人気の理由はこの開放感のある360度の視界の広さだけなのでしょうか?

実は、それ以外にも多くの人に選ばれる理由があるんですよ^^

付け方が簡単

このバージョン(ver.3)から、シンプルな操作性を考えると同時に取扱説明書を改定して、わかりやすさを追求。

適合チャイルドシートで身長115㎝まで対応

身長115㎝の子供の平均座高である63㎝にヘルメットの厚み3㎝を足した66㎝の室内高を確保。さらに、空間の確保は高さだけではなく、顔前や手元にも十分な空間を確保することで、子供が自由に動けるようにしています。

前からも横からも乗せ降ろし可能

リトルキディーズのリア(後ろ用)レインカバーは両開きファスナーを採用しているので、天井部分を大きく開く前からの乗り降り方法に加えて、サイドパネルをドアのように開くことも可能。乗せ降ろしがしやすくなっています。

ヘッドレストのないシートにも対応

自転車のチャイルドシート用のレインカバーを取り付けることができる条件として、意外と多いのが「ヘッドレストが付いているものに限る」というものですが、こちらのレインカバーはその条件なしで取り付けることができる使用になっているので、国内外19機種のチャイルドシートに適合。

海外製のチャイルドシートにも対応しています。(※適合一覧にないものはNG。一部のシートには別途オプション部品が必要)

高さ調節可能・効果的な通気口・盗難抑制

こちらのレインカバーはハイ・ミドル・ローの三段階で高さを調節することができる上に、通気口もしっかりとってあるので、中にいる子供も息苦しくなることはありません。

さらに盗難抑制のためにワイヤーロックホールが付いているので、しっかりとチャイルドシートに取り付けることができます。

オープン走行可能

天気のいい日などはフロントのカバーを大きく開けて走行することができます。車でいうとまるでオープンカーのようになるので、子供も外の気持ちの良い風を感じながら走ることができます。

テフロン加工で雨の日も安心!

レインカバーということもあり、一番気になるのは雨の日にどれだけ役に立つかということだと思います。

こちらのレインカバーはナイロン生地にデュポン社のテフロン加工がされていて、撥水効果・防汚機能も高性能です。

裏面にはポリウレタンコーティングがされているので止水性能がさらに高いです。

この二つの組み合わせにより、あえて撥水スプレーなどの追加処理はされていません。

さらに、水の侵入がしやすそうなポイントとして考えられるファスナー部分には「止水フラップ」を装備しているので雨水の侵入を防いてくれます。

以上のように、リトルキディーズのチャイルドシート用レインカバーは視界確保以外にも、いろんな点で乗る立場である子供の目線で考えられていることが人気の理由です。

 

リトルキディーズの後乗せ用リアレインカバーの口コミは?

では、ここで気になるのが実際に使っている人の感想ではないでしょうか?

楽天通販ではこちらのレインカバーはとても人気が高く、たくさんの口コミが投稿されていますので、その中から実際に使っている人の感想をご紹介します。

・組み立て取り付けは簡単ですぐにできた。
・他のカバーはダランとしててデザイン的に考えてしまうが、こちらはシッカリしていてよさそう。
・保育園の送迎に大活躍です。結構な雨も全然かわせます。
・寒い日は小さい毛布などを掛けていたがこれにしてからは全く必要なく、荷物も減り忙しい朝夕は助かる。
・車種ごとに組み立てが、説明書にわかりやすく、NGなことなども細かく書かれていてよかった。
・中は暖かいようで、寒い中走った後でも顔も手も暖かいままです
・中からは外がクリーンに見えるようで、その点は良かった
・組み立てた状態で置いておけば、慣れれば1~2分でセットできます。

口コミを見ていくと、「自転車をこぐと足カバーが自分の足にあたる」という声もありましたが、「慣れてしまえば気にならない」レベルのようですよ。

しかし、それ以上に装着はすぐにできるという声や、作りがしっかりしているという声が多くありますよ^^

 

さいごに

いかがでしたか?

自転車移動の多いママと子供の両方が楽しく走行することができるためにと考えられているリトルキディーズのチャイルドシート用レインカバー。

せっかく一緒に自転車に乗っているのですから、「あ!花が咲いているよ^^」「あ!飛行機だ!」などと、同じ景色を楽しみながら移動するのも楽しいかもしれませんね^^

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リトルキディーズ チャイルドシートレインカバー 後用 Ver3
価格:8980円(税込、送料別) (2019/4/7時点)

楽天で購入

 

 

【あわせて読みたい記事はこちら!】
CHECK!>> リトルキディーズ前乗せ用レインカバーの口コミ記事はこちら!

 

 

タイトルとURLをコピーしました