ブリタ浄水器ポット型は大容量2リットルがおすすめ!実録レビュー!

レビュー

28歳で一人暮らしを始めた時に購入した浄水器「ブリタ」のアルーナ。

現在、その後、ずっと使って今年で15年目になりました。
今回は15年使ってみた感想をレビューします!

ポット型浄水器っていろんなところから販売されていますが、「ブリタ」のポット型浄水器はとても人気のある商品です。
CHECK!>>いろんなポット型浄水器を見てみる[楽天]

ポット型浄水器「ブリタ」大容量アルーナを購入した理由は?

こちらが我が家で使っている15年物のポット型浄水器「ブリタ・アルーナ」です。

そもそも、なぜ数ある浄水器から「ブリタ」を選んだかですが、今から15年前となるとそんなに種類はなかったのと、なんと言っても「知名度の高さ」です。

さらに、パッケージに書いてあった水道水との比較で、お茶を入れた時の色がブリタ水の方が濃いく出ていたこと。「同じように入れてもお茶の成分がしっかり出るんだな〜」と、その違いを感じたからです。

浄水器ブリタはどのサイズが良い?悩んだ結果は大容量アルーナ!

浄水器ブリタを購入する時に、悩んだことが一つありました。

それは、「浄水容量」です。

浄水容量が多ければ、自然と浄水器のサイズは大きくなるし、少なければコンパクトになります。冷蔵庫に入るスリムタイプも考えたのですが、それまで実家住まいで井戸水を飲んでいた私にはマンションの水道水が不味すぎて…。

飲料用、調理用に使用することを考えるとかなり量が必要だと思い、冷蔵庫に入らないことは諦めて2リットル容量のアルーナに決めました。

浄水器ブリタをドアポケットに入れたい!コンパクトサイズもある!

でも、中には「お水と言っても冷蔵庫で保管したい」という人もいますよね。

そんな方にはスリムコンパクトタイプの1.1リットル容量の「リクエリ」がおすすめですよ。

【↓ 冷蔵庫に入る1.1Lコンパクトサイズ「リクエリ」】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブリタ リクエリ 1.1L(カートリッジ増量2個付)

価格:3247円(税込、送料別) (2020/6/18時点)

楽天で購入

 

浄水器ブリタ・アルーナの浄水部容量は1リットル!

浄水器ブリタのサイズを2リットルタイプのアルーナに決めたのですが、一度に2リットルの浄水ができるわけではありません。

浄水ポット本体は濾過した水が2リットル入りますが、濾過フィルターの上は約1リットル入ります。

なので、本体ポットは二回分の浄水を受ける形です。

浄水器ポット「ブリタ・アルーナ」の浄水時間はどのくらい?

うちの浄水器ポット「ブリタ・アルーナ」は、どのくらいの時間で濾過できるのかな?と思って、時間を測ってみました。

上の写真が浄水器の上から見たものですが、段差が二段あります。

上の段は蓋を閉める時の段で、下が濾過最大容量のラインだと思います。

で、この上半分の下のラインまで水を入れて約1リットルなので、そこのラインまで入れて時間を測定!

すると、約5分ほどで濾過を完了!

2リットルとなると単純に2回手順を踏むことになるので約10分程度かかる計算ですね(^^)

浄水器ポット「ブリタ」はカートリッジ交換で長く使えるのがいい!

ウチで使っている15年物の「ブリタ・アルーナ」ですが、これだけの年月を使えるのはメーカーさんが取替え用の浄水カートリッジをずっと作ってくれているから。

物によっては昔の型のカートリッジの生産が止まって、本体は全然使えるのに買い換えないといけないというものもあるかもしれませんが、ブリタはずっとあります。

最近の浄水器ブリタはカートリッジの形が変わってますが、私の使っているブリタのカートリッジは「クラシック」という名前で健在!

おかげで長く使うことができています。

【↓ クラシックタイプのカートリッジ】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本仕様 ブリタカートリッジ クラシック 3個

価格:3278円(税込、送料別) (2020/6/18時点)

楽天で購入

 

浄水器ポット「ブリタ・アルーナ」の水は浄水器タカギより美味しい!

一人暮らしを始めた時に購入したポット型浄水器「ブリタ」ですが、当時は賃貸物件だったこともあり据え付けの浄水器は考えられませんでした。

しかし、現在は自宅を持ちしっかりとしたキッチンもありますが、どうしてもブリタが手放せません。
その理由は、やはり「お水が美味しくなる」からです。

自宅を建てた時に、台所の水道水には浄水器一体型のものがつきました。
メーカーは浄水器で有名な「タカギ」さんのものです。

でも、私にはブリタの水の方が美味しい…。
これは、好みの問題もあるかもしれないし、「タカギ」の浄水器がどうとかではないです。(誤解がないように…)

でも、同じように不純物を取り除いてくれる浄水器として、「濾過後のお水って浄水器ごとにこんなに違うのか!」と思うほど違いがわかります。

浄水器ポット「ブリタ」の使い方

浄水器ポット「ブリタ」の使い方ですが、とっても簡単です。

1.新品のカートリッジをたっぷりの水の中で左右に揺らしてしっかり水を含ませます。

2.カートリッジを本体に取り付けて、2回ほど最大量の水を濾過します。

3.これで準備完了!

3回目からは料理にも飲料用にも使えます。

と、とても簡単です(^^)事前準備に濾過した水は植木などにあげても良いそうですよ。

浄水器ポット「ブリタ」の気になったところ・注意点は?

こちらのポット型浄水器「ブリタ」での注意点は特にないのですが、しいて言えば「フタをしっかり閉じること」でしょうか。

簡単に乗せる感じだと、水を注ごうとした時に蓋が落ちてきます。

実際、私もカチッと閉めてなかった時に何度かフタが落ちてきて、内側が少し欠けました。
使用に支障がないからそのままつかってますが。笑

特にカチッと閉めるとか、固定するパーツがあるというわけではないので、濾過後に水を注ぐ際にフタが取れないようにということだけは注意した方がいいかな?っと思います。

浄水器ポット「ブリタ」はアフターフォローもよし!カートリッジが壊れてた時のこと

長年使っていると、交換カードリッジも何個も取り替えてます。

そんな中で、実はカートリッジが壊れてたことが一度あります。

ブリタクラシックのカートリッジフィルターは3〜4個のセット売りが多いのですが、私が破損したカートリッジを見つけたのは、購入からだいぶん月日が経っていました。

でも、新品なのには間違いない。

と、ダメ元でカスタマーセンターへ電話してみました。

すると、オペレーターの方が丁寧に対応してくださり、新しいカートリッジフィルターを送ってきてくれました。

この時にも「ブリタってすご〜い!」と感じました。

さいごに

今回は浄水器ポット「ブリタ」を長年使った感想をレビューしました。

やはり、15年も使っているといろいろなことがあります。

時として2リットルでも足りないと感じた時は、コストコで見つけたタンクタイプが欲しかった時もあります。笑

そのくらい、お気に入りの浄水器なので、これからもずっと使っていきたいキッチンアイテムです(^^)

もし、「ポット型浄水器でいいものがないかな?」「水道水が美味しくないんだよね」ということがあれば、ぜひ試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました