ルミナススチールラックのアレンジパーツの天板シートのレビュー!

レビュー

先日、台所のデッドスペースを活用するためにルミナススチールラックを購入したのですが、上のスペースまで活用したいと欲張ったために高さ210cmのものを注文しました。

でも、高さ210cmのスチールラックに対して棚板が3枚というのはちょっと少なくて、せっかくのラックを活用しきれていないことになり、あとからラックの棚板2枚とカスタマイズパーツの「リバーシブルボード」を買いました。

今回は、ルミナススチールラックの棚板をテーブルのように使うことができる「リバーシブルボード」を実際に使ってみた感想をご紹介します。

スチールラックは手軽に収納を作ることができて、棚板を設置する高さも自分の使いやすいところに取り付けができて便利だということでとても人気があります。

CHECK!>> 楽天口コミ人気のスチールラックを見てみる[楽天]

ルミナススチールラックアレンジ天板パーツ「リバーシブルウッドシート」

こちらが今回ご紹介するルミナスのスチールラックのアレンジパーツ「リバーシブルウッドシート」です。

ルミナススチールラックのアレンジパーツの「リバーシブルウッドシート」とは、スチールラックの棚板の上に置くことで、棚板の上をフラットな状態にすることができ、小さなものを置いても物が落ちないようにしたり、テーブルのように使うことができる便利な追加パーツです。

ルミナススチールラックアレンジ天板パーツ「リバーシブルウッドシート」を買った理由は?

今回、このルミナスのスチールラックのアレンジパーツ「リバーシブルウッドシート」を買ったのかという理由は以下の通りです。

・ラックの上をテーブルのように使いたい

・小さなものが落ちないようにしたい

・ホームベーカリーなどの足が落ちないようにしたい

・書き物をしたい

・パソコンを置いてマウスなどを使いたい

こういった理由で、ラック上にこちらのリバーシブルウッドシートを置きたいと思いました。

リバーシブルウッドシートを知らなかったときは、スチールラックや追加の棚板を買ったときに、棚板が入っていた段ボールをちょうどいいサイズにカットして代用していたのですが、やっぱり段ボールでは柔らかすぎて、上の用途で使うには役不足でしたし、飲み物などを置くとしてもこぼれたときに紙の段ボールだとしみ込んでしまって困るかな?っと。

さらに、段ボール自体の匂いがあり、その匂いが気になっていました。

その結果、棚板の隙間を気にしなくていいこと、水に強いこと、臭いが気にならないということで、やっぱり専用のパーツを購入することにしました。

ルミナススチールラック天板パーツ「リバーシブルウッドシート」が届いた!その感想レビュー

ルミナスのスチールラックをもっと使いやすくアレンジするために購入した「リバーシブルウッドシート」ですが、スチールラック本体を注文した時より断然早く到着しました。

届いた状態は、段ボールの底と頭を開いた状態のものに、エアキャップで傷つきを保護された天板をはさんだ状態で梱包されていました。

段ボールの間で天板が上下左右に動かないように両端をテープで貼り付けて固定されていました。

こちらが、ルミナスのスチールラックの天板シートです。

「スチールラック棚 専用置き板・ウッドシート」と書いてあります。

こちらのウッドシートは両面使えるリバーシブルタイプなので、どんな部屋でも似合う明るい印象の「ナチュラル」と、落ち着きのある大人っぽいシックなカラー「ブラウン」が両面になっていて、部屋の印象に合わせて使い分けることができます。

「ナチュラル」の方は明るすぎない木目調のかわいらしいカラーです。

一方の「ブラウン」は、とても濃いめの色で印象としては黒に近い感じです。

板の側面を見てみると、角がないように面取り(角取り)がしてありました。

ブラウンの面の方がナチュラルの面よりも少しだけ削ってあって、丸みが付けてあります。シートと書いてありますが厚み的には0.5mmの厚みがあり、しっかりしているので「ボード」といってもいいと思います。

ルミナスのスチールラックの棚板に置いてみました。

サイズ的には「ピッタリ!」という感じよりは、一回り小さい感じで前後左右に動きます。専用のパーツを買ったので、もう少しピッタリハマるのかと思っていたので、余白が大きすぎる感じはありますし、左右に動くのはちょっと気になりました。

サイズをよく見ると、76×46cmの棚板に対して、リバーシブルウッドシートは74×44.5cmのサイズなので約2cmの差がありました。

サイズ感が小さめなのは、ラックをすでに組み立てたところに使う時に棚板同士の間隔が狭いと入りにくいから幅を少し短めにしてあるのかな?っとも、あとで感じました。

そこで、自宅に余っていた滑り止めシートを棚板とウッドシートの間に入れてみました。

すると、スチールラックの棚板の滑りやすさとウッドシートの真っ平さによる横滑りがなくなり、グッとウッドシートが安定しました。

棚板に凹凸がないから滑りやすいんだと思うので、私のように書き物をしたりパソコンを使ったりとテーブルのように使うという方には、ウッドシートの下に滑り止めシートを置くのがおすすめです。

そんな形で、天板を置いてみた感じが以下の状態です。

私は置くスペースの壁が白いことや、壁と冷蔵庫の隙間なので暗くなりがちな場所ということもあり、明るくて空間になじみやすい「ナチュラル」の面を使いました。

このウッドシートを置いたことで、パソコンを置いて作業をする自分のスペースを確保することができました。

下の狭いところにはパソコンを使わないときに隠しておくようにしています。

パソコンを出したままにして置くと、子供が使ったりも怖いですし、台所という場所なので買い物をしてきたものを冷蔵庫に入れる時の一時物置としても使えるので。

パソコンをしまった棚板の横には薄型のトレーを置いて引き出しのように使っても良いなっと思います。

今回、ウッドシートを買ってみてサイズ的なもの、使い勝手を確認できたので他の棚板用にも買い足しても良いなって思いました。

さいごに

今回は、後付けのカスタマイズパーツのアレンジが多彩なルミナスのスチールラックの天板パーツ「リバーシブルウッドシート」を使った感想をレビューしました。

実際に使ってみた感想は段ボールで代用していたのに比べると、断然、書き物やパソコン作業がしやすいですし、小物など一時的にものを置くのも落下などの心配がなくなり便利でした。

今回は、本体を注文したお店・ルミナスの正規代理店「ラック・照明 専門店 オールライト」で追加注文したのですが、このお店は3980円以上は送料無料なので、購入するときは二枚以上の複数枚購入すると無料ですし、もしスチールラック自体をこちらで購入していたらオブションパーツを注文する前に本体のラックの口コミを書いておくと5%の割引クーポンがもらえるので、少しでもお得に購入できるようにお忘れなく(^^)

この、リバーシブルウッドシートを使うと、スチールラックの一番の悩み・問題点である「棚板からの物の落下」を防ぐことができますし、こちらのシートはルミナスのスチールラック以外にも使えるので、DIYで作った棚の板などにもおすすめですよ。

 

[itemlink post_id=”5173″]

 

 

タイトルとURLをコピーしました