パンパースでおむつかぶれ!かぶれにくい凸凹メッシュグーンがおすすめ!

雑貨


テレビCMでも有名なおむつ「パンパース」。

産婦人科でも週産後の入院中にサンプルとして1パックもらえるところもある商品ですが、しばらく使っているうちに赤ちゃんのお尻や股の部分が赤くなってしまったってことありませんか?

あんなに有名な紙おむつなのに、ちゃんと拭いてあげてるのに…。

そうなると、他のおむつを試してみたくなるけど、初めてだとどこのものを使ったら良いのかわかりにくいですよね。

そこで、オススメなのが王子製紙の「グーン」という紙おむつです。

王子製紙の紙おむつ「グーン」はメッシュ&デコボコ加工で肌に優しい!

こちらが、今回ご紹介する紙おむつ「グーン」ですが、サイズは「S」サイズから「ビッグより大きいサイズ」「スイミングパンツ」「特大テープタイプ」など幅広いラインナップも人気です。

こちらのオムツは、パンパースでオムツかぶれが出てしまったときに、切り替える人が多いオムツです。

実際に、私もパンパースからこちらに切り替えた1人です。

紙おむつパンパースとグーンの材料の違いを比較!

子供によっては大丈夫なのに、子供によってはかぶれちゃう。
最初のうちは何ともなかったのに、急にかぶれるようになった。

きっと個人差のある肌質のせいもありますが、我が子は3人とも肌に合わなくって、「何が違うのかな?」と、疑問に思って調べてみました。

【グーン まっさらさら通気 テープタイプ 新生児用の原材料】
表面材・・・ポリオレフィン系不織布
吸水材・・・綿状パルプ 吸収紙 高分子吸水材
防水材・・・ポリオレフィン系フィルム
止着材・・・ポリオレフィン
伸縮材・・・ポリウレタン
結合材・・・スチレン系合成樹脂等

【パンパース テープ ウルトラジャンボ 新生児の商品詳細】
表面材:ポレオレフィン不織布
吸収材:ポリエステル不織布、ポリオレフィン不織布、綿状パルプ、高分子吸収材
防水材:ポリオレフィンフィルム
止着材:粘着テープ・ポリオレフィン
伸縮材:合成ゴム
結合材:ホットメルト粘着材

こうやってみると、パンパースとグーンの素材はどちらも基本的に「ポリオレフィン系不織布」とか「ポリオレフィンフィルム」という「ポリオレフィン」という素材が多いようです。

でも、やはり違いはあります。

それは、「止着材」「伸縮材」「結合材」の違いと、「吸収材」です。

きっとこの中だと「吸収材」の違いが気になりますね。

あとは、どちらも肌に当たるところが通気性の良いメッシュになってますが、グーンの方は肌の接地面積を減らすために凹凸加工がしてありました。

それも、大きな違いかもしれません。

いかがでしょう?

今回は紙オムツのパンパースで、お子さんのお尻やお股がかぶれてしまった方へオススメのおむつをご紹介しました。

オムツ選びは好みもありますが、何よりお子さんの肌に合うことが第一!

各製品、推しポイントが違うので、難しいんですけど、もし「パンパースでかぶれちゃって困ったなぁ」ということがあったら、一度試してみてくださいね(^^)

タイトルとURLをコピーしました