天ぷら揚げ鍋のおすすめは?コンパクトなミニスクエア型の人気はこれ!

雑貨

毎日の献立の中で、揚げ物はママを悩ませるメニューの一つ。
確かに、調理過程は、簡単ですが調理後の後片付けはかなり大変です。

最近は、IHコンロも普及して油の飛び散りは簡単に拭き取れるようになりましたが、それでも面倒なことは油の後片付け。

たっぷりと油を使うと後片付けが大変、でも、あまり小さなものだと揚げ物のとんかつやエビフライなどの大きめの食材は入りにくいし…。

そんな葛藤を持っているあなたにおすすめの天ぷら鍋が「ミニ揚げ物鍋スクエア」です。

小さめの天ぷら鍋は、お弁当のおかずを作るときなどのちょっとした揚げ物をするときにも便利で人気があります(^^)
CHECK!>> ミニサイズの天ぷら鍋の口コミ順TOP10[楽天]

ミニ天ぷら揚げ鍋のおすすめはスリムコンパクトなスクエア型!

こちらが今回ご紹介する「ミニ天ぷら揚げ鍋・スクエア」です。

こちらの天ぷら鍋の特徴は、他の天ぷら鍋と違う「四角い形」なので、とてもコンパクトなサイズでありながらアスパラガスなどの長い食材や、とんかつなどの大きめの食材も少ない油で揚げることができると人気です。

「ミニ天ぷら揚げ鍋・スクエア」で揚げ物料理が簡単になります!

天ぷら鍋を使う料理と言うと、天ぷらだけではなく唐揚げ・とんかつ・エビフライ・フライドポテト・イカリングやオニオンリングなど、たくさんのメニューが思い浮かびますね。

揚げ物と言えば、「粉や衣をつけて揚げるだけでしょ?簡単じゃない!」と、食べる専門の人には思われがちですが、いろいろな点で面倒人感じてしまうことがあります。

例えば、「天ぷらは油をたくさん使うからもったいない」「後片付けが面倒くさい」「いろいろと道具がいるから出すのが面倒」「そもそも揚げ物鍋が邪魔で買いたくない!」など。

揚げ物が美味しいことはわかっているけど、そんなことでなかなか作る気になれない人もいるのではないでしょうか?

でも、その悩みを全部解決してくれるのが、こちらの「ミニ天ぷら揚げ鍋・スクエア」なんです。

コンパクトなミニサイズで邪魔にならないと人気!

一般的な天ぷら鍋は22cm程度のものが多く、コンパクトなものでも直径16~18cmはあります。

でも、今回ご紹介する「ミニ天ぷら揚げ鍋・スクエア」は、片辺が13cmと短いので縦に置くと隣の鍋の邪魔になることもありません。

一人暮らしの小さなキッチンでも使いやすいですし、何品も作る必要があるお母さんにとってもコンロの上が広く使えるので便利です。

コンパクトでも四角いからしっかり入って使える!

通常の丸いコンパクトサイズの揚げ物鍋だと、小さなものにはいいですがちょっと大きなものになると入らないという不便が出ることもあります。

唐揚げはできるけど、トンカツは入らない・・・というようなこともあります。

でもこちらの「ミニ天ぷら揚げ鍋・スクエア」なら、縦長な形なので長辺が24cmあり、トンカツ一枚を切らずに揚げることができる大きさを確保することができていますので、揚げるものを選ばず使うことができます

スリムコンパクトで少量の油でも深さができるからしっかり揚げられる!

ある程度の大きさものも揚げることができるサイズの鍋だと、油の量も結構必要になってきますが、こちらはスリムコンパクトな長方形型なので、少しの油でも深さができ、しっかりと揚げることができます。

蓋がバットや油きりになるから準備も簡単!

揚げ物をするときは、食材に衣や粉をつける必要があるので、そのためにバットやトレーを用意したり、揚げた後の油きりに網を用意したりする必要がありますが、こちらは、通常の収納時にフタとして使う部分が簡単なバットや油きり網として使えるので、朝のお弁当作り程度ならこの鍋セットを出すだけで大丈夫。

しかも、セットで蓋が付いているということで、使用後にすぐ片づけることができないときでも簡易にフタをすることができ、放置中に油中にホコリなどが入るのを防ぐことができます。

四角い形で油の移し換えも片付けも簡単!

揚げ物をした後の油の処理って、結構面倒くさいですよね。

油をたくさん使う料理だから、使った後はろ過して再利用する人もいると思いますが、油ポットに移し替えるときに丸い鍋だと注ぎ口がついていてもドバッと注ぎ口の先をオーバーしてしまうこともあります。

でも、こちらの商品は、四角い形なので鍋の角が全体的に注ぎ口となるので、ドバッと大量に油が飛び出すようなことなく、ゆっくりと移し替えることができます。

毎回、油を固めたりパットに吸わせて捨てる人は気にならないかもしれませんが、このポイントも結構気になるという人も多いのではないでしょうか?

しっかり使えるのにコンパクトで省スペースが人気!

上の項目でも、通常の丸い天ぷら鍋との形の違いは比較しましたが、この形は収納時にもメリットになります。

収納スペースは大体、四角いスペースです。
そこへ、丸い形の鍋を収めるとどんなに小さくても角にデッドスペースができてしまいます。

でも、こちらの「ミニ天ぷら揚げ鍋・スクエア」は、コンパクトな四角い形なので、引き出しの形にもフィットして無駄なデッドスペースを作りませんし、持ち手などのハンドルもないので、片付ける場所を選びません。

高さも8cm程度でフタをつけてもそんなに変わりませんし、重さもトータルで900g未満なので、片手で持って簡単に片づけることができます。

やっぱり出し入れが面倒くさいと、使う頻度も下がりますものね(;’∀’)
コンパクトでサッと出すことができるサイズ感は使いやすさ・使用頻度にもつながります。

安心の日本国産!燕三条製造の品質重視の天ぷら揚げ鍋!

こちらの商品は、斬新な発想力ですが列記とした「日本国産製品」です。

しかも、日本の中でも金物生産で有名な新潟県燕三条地域で作られてた、品質重視の一品です。

こちらで作られていることは、品質も折り紙付き!
だからこその「made in ジャパン」ではなく、「made in 燕三条」なんです。

いかがですか?

今回は、面倒くさくなりがちな揚げ物料理を、調理中も調理後も簡単にすることができる、スリムでコンパクトな揚げ物鍋「ミニ天ぷら揚げ鍋・スクエア」をご紹介しました。

こちらの鍋を使えば、毎回の大量な油の使用をすることに対するストレスもなくなりますし、通常の鍋と同じようにしっかりと調理することもできて、片付けも簡単で、収納も場所を取らないですみます。

天ぷらや揚げ物は確かに調理の前後過程は面倒ですが、手間的にはいろんな食材を切ったり、煮たり、焼いたりするよりも簡単な時短料理です。

これまでに、揚げ物に対して面倒なイメージで嫌煙していたあなたに、粉をまぶして揚げるだけの時短メニューレパートリーを増やすことができるこちらの「ミニ天ぷら揚げ鍋・スクエア」はおすすめですよ。
 

 

タイトルとURLをコピーしました