太田光(爆笑問題)大炎上?妻・光代が反論!その理由は何?

雑記

先日、10月31日に放送された「選挙特番」において、爆笑問題の太田光さんが発言した言葉が視聴者からの意見が多くネット上で大炎上したというニュースが出ています。

更には、奥様の太田光代さんまで…。

爆笑問題の太田光さんは歯に衣着せぬ発言が多く、時として問題発言があるたびにニュースになることがある方ですが、今回はどのような発言が大炎上につながったのかを調べてみました。

爆笑問題の太田光さん大炎上の原因は?

時折、自分の思った気持ちをそのまま発言して問題となってしまう太田光さんですが、いったいこの度はどんな発言をしたのでしょうか?

今回の大炎上の原因となってしまったのは、太田光さんが出演していた「選挙の日2021・太田光と問う!私たちのミライ」というTBS系の番組での一言だったようです。

番組内で、太田さんが今回の選挙で苦戦していると言われた自民党の甘利明さんに対して発した「ご愁傷様」という言葉がきっかけのようです。

また、この「ご愁傷様」という言葉を口にしたときに笑っていたことがネット上での大炎上のきっかけとなったようです。

妻・太田光代さんが反論!更なる炎上に…

太田光さんの奥様で、所属事務所の代表でもある太田光代さんがこの出来事についてTwitterでコメントを出したのですが、これがまた更なる炎上につながってしまいました。

奥様のツイート内容は、「ご愁傷様とはお気の毒さまという意味で、悪い意味ではない」「夫には礼節は無理だし、皆さんもそんなに礼儀正しく生きているの?」「面白みのない人に芸人は無理」というような夫を容認する内容だとのこと。

ここまで見ると、「ご愁傷様」という言葉自体はそこまでひどくない言葉かもしれないけど、きっとこの言葉を言っているときに太田光さんが「笑いながら」行ってしまったことが視聴者からすると「よろしくない」という評価を受けてしまったのでしょうね。

でも、番組名が「太田光と問う!」ですからね…。

テレビ局側も太田さんのコメンテーターとしての意見を求めて抜擢したのでしょうから太田さんが思ったように行動・発言したのは番組的には許容範囲内だったのでしょうかと思ったりもします。

「ご愁傷様」の意味は?失礼な言葉じゃないの?

今回問題となっている「ご愁傷様」という言葉ですが、改めて調べてみると葬儀の場などでよく使われる言葉のようです。

確かに私自身もテレビドラマなどの葬儀の場面などに聞いたことがあるなっと感じました。

では、この「ご愁傷様」という言葉は失礼な言葉なのでしょうか?

検索した先ではご愁傷様を言い換える文として「謹んで哀悼の意を表します」となるようですし、近年では「毎日の残業大変ですね…ご愁傷様」のように同情の意味を含めて日常的に使うケースもあり、逆に弔事で使うことをためらう人もいるようです。

そもそも、「ご愁傷様」とは「嘆き悲しむ」「傷をうれえる(心配する)」という意味の「愁傷(しゅうしょう)」に「ご~様」という敬意表現がついたお悔やみの言葉でもあるとのこと。

そう考えると、太田さんがもしこういった同情の気持ちや気遣いから口にした言葉なのかもしれないけど「笑いながら」というのがやっぱり問題だったのでは?

さいごに

今回の大炎上のニュースから、関連記事を見てみるとこの「ご愁傷様」発言の前後も心無い言葉を発していたり、自分の投票先を行ってしまったり…。

タレントさんとしてのイメージとしては、「毒舌キャラ」ということもあり歯に衣着せぬ発言を支持する人もいるのも事実だけど、さすがに時と場所を考えて発言をすることも年齢からして学ぶことも必要かもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました