「トドス」ロングレインブーツのレビュー!サイドループで着脱が楽ちん!

レビュー


雨の日はやっぱり長靴が楽チン!

昔は長靴を履く人も少なくて、雨の日といえば「スニーカーとジーンズ」という組み合わせでした。今考えると「スニーカーとジーンズ」なんで乾きにくいものをなぜ雨の日の定番ファッションにしていたのか意味不明です(;´д`)

でも今は、TODOS(トドス)のサイドループ付きレインブーツを愛用しています。
今回は、トドスのサイドループ付きレインブーツの感想をご紹介します!

TODOSは低価格でおしゃれな靴がたくさんあるシューズブランドです。
CHECK!>>TODOSの低価格でおしゃれなレインブーツをみてみる[楽天]

TODOSのサイドループレインブーツを買った理由は?かわいくて低価格なのが良い!

こちらが私が履いているTODOSのレインブーツです。

こちらはもう8年くらい履いているので、だいぶん傷などもついていますが、防水性には全く問題ないので、いまだにずっと履いています。

なんでこちらの長靴を購入したか?その理由は以下の通りです。

・膝下まである長め丈がよかった
・フラットな靴底で安定している
・デザインがおしゃれ
・長めなのに自立して立つことができる
・デザインがあるのに価格が手ごろ
・歩きやすい柔軟性

これらの理由で購入を決定しました。

購入するときに、黒とカーキで悩んだのですが、デザインがかわいいといっても、この形の黒だとちょっと「ゴム長靴」って感じに思えたので、カラーがある方が良いかな?っとカーキに決定!

見た目も重さがなくて、結果的に正解だったと思ってます(^^)

TODOS(トドス)のレインブーツを履いてみた感想をレビュー!

では、実際に使ってみての印象や気になる点などの感想をご紹介します。

デザインがおしゃれで飽きがこない

まずデザインですが、私が履いているTODOSのレインブーツは履きこみ口に「赤・緑」のループがついています。

デザイン性のあるレインブーツですが、緑一色のものではなくこの二色使いのループがつくことでオシャレ感が出ています。

履きこみ口のタブの取り付け部分やフチの部分などもパッと見はわかりにくいですが、ステッチ風になっていたりしています。

レインブーツの内側もギンガムチェック柄で外から見ても中から見てもかわいい一足です。

サイドループ付き・自立するのが使いやすい

雨の日のレインブーツは、何足買購入したのですが、雨の強い日はやはりある程度長さがあるものが足元が濡れないのでいいです。

でも、ロングタイプの長靴は歩きやすさの面でラバータイプのものも多く、履いているときは歩きやすいんだけど、脱いだ時にクッタリと倒れてしまうものが多い気がします。

でも、こちらのトドスは適度に柔らかさはあるのに、自立する硬さがあるので、保育園での送り迎えや職場での履き替え時にベッタリと床につくこともなく、特に履くときはそのまま足をスッと入れることができるのでとても楽ちんです。

さらに、サイドループが付いているので、少し厚手の靴下を履いていたりしたときにも手で引っ張って履くことができるので使いやすいです。

履きこみ口が広めでブーツインもできる!

TODOSのサイドループレインブーツは、履きこみ口が広めのデザインなので、デニムなどを履いている日などの利用時にブーツインにして履くときも楽ちんです。

デニムの足元をくるっと足に巻き付けるようにすれば面倒なくスッと入ります。

スカートの日に靴下、タイツに合わせるとブーツの幅との差があるので足が細く見える効果もあるかもしれませんね(^^)

靴の中が蒸れにくいのが良い

私が長靴を履いて歩く時間と言うと、長くても30分くらいが日常です。それ以上に歩くことはそんなに回数はありません。

それでも、そんなに足の裏が蒸れて気持ち悪いとか、ブーツの中が熱くてつらくなったという記憶はありません。

締め付け感もないし、サラッとした素材、適度な太さによる空間の確保がされているからかもしれません。

雨の日はそれだけでも湿度が高いのでジメジメとしやすい印象ですが、こちらのレインブーツは気になったことはありません。

気になるのは硬さによるカパカパするところ?

履いていて、気になるところはあるかな?っと考えてみたのですが、適度な硬さと履きこみ口が広めであるメリットが、時として気になるところにつながることがあったかな?っということです。

というのも、単独で自立できる硬さと履きこみ口に広さがあるので歩くときに足首のあたりから履きこみ口がカパカパと前後するので、歩き方によってふくらはぎに当たるときがあります。

デニムのブーツインの時は全く気になりませんが、スカート時の使用だと肌にあたる感じがよくわかるので、人によっては気になるかもしれません。

でも、スカートに合わせてもかわいいので履いてしまうんですけどね(^^;)

TODOSサイドループレインブーツを8年近く履いてみて傷みが気になったところは?

では、このレインブーツを長く履いていて傷みが出てきたことろってどこかな?っと思って観察してみました。

気になったのは「かかとの減り」と「足先の削れ」の二ヶ所のみです。

まずは、かかと部分の減りですが、私はかかとを擦って歩くようでかかとのエッジ部分だけが削れています。

8年近く履いて減っているのはここだけで他はしっかりと残っています。そもそも、そんなに靴底が熱いタイプではないのにこれだけしっかりと凹凸が残っているので、柔らかすぎない硬さがあるんだろうと思います。

足先の削れは、そんなに内股がひどいわけではないので、親指側面あたりだけが線のように削れているのは理由がよくわかりませんが、自転車をよく乗るので何かにこすれていたのかもしれません。

でも、水が入ってくるようなことは今まで一度もありません。

TODOSのサイドループレインブーツのサイズ展開は?どのくらいのサイズが良いの?

こちらのTODOSのレインブーツですが、サイズ展開はS~LLサイズまであります。

私は、普段のサイズが23.5~24.0の靴が多いですが、TODOSのレインブーツにおいては「M」サイズがノンストレスで使いやすいです。

Sだとぴったり過ぎて歩いているうちに足先が痛くなる印象だったのでこちらに。結果的に丁度良かったです。

CHECK!楽天人気のトータルフットウェアナースシューズ・サンダルの感想は?

「インソール」付きになってさらに良くなっている!

今回、私が履いているTODOSのレインブーツの紹介をするために楽天で改めて調べていて気が付いたことがあります。それは、「インソール内蔵」となっていること。

TODOSのサイドループ付きレインブーツは、私が購入した8年前と同じデザインですが、最近のものは2.5cmのインヒールタイプの取り外しできる中敷きが入っているようです。

やっぱり、性能的にもデザイン的にも高機能になっていくものですね。
2.5cmのインヒールが入ることで脚長効果もあるでしょうし、かかとへのクッション性もあって脚への負担も軽減しそうですよね。

さいごに

今回はTODOSのサイドループレインブーツを履いている感想をご紹介しました。

こちらのレインブーツは、適度に柔らかくて自立するというメリットを持ちつつ、デザインがかわいいのに価格はとてもお手頃なおすすめのレインブーツですよ(^^)

ショップサイトにはもっと詳しい情報が書いてあるので、ご覧になってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました