トイレステップ踏み台のおすすめは?おしゃれでかわいい人気はこれ!

雑貨


一歳前後になるとそろそろ始めることが多くなる「赤ちゃんのトイレトレーニング」。

そんな時に用意するものと言えば、子供用の補助便座ではないでしょうか?

でも、意外と買い忘れてしまうのがトイレの前に置く「踏み台」です。

そこで今回は、子供用の補助便座の「PIYO」とおそろいのオシャレなトイレステップをご紹介します!

シンプルおしゃれと人気の補助便座「PIYO」のトイレステップ


こちらが今回ご紹介する「PIYOのトイレステップ踏み台」です。

赤ちゃんのトイレトレーニングにおすすめなステップ踏み台ですが、小さな赤ちゃんの頃から使うなら足がとどきやすい二段式のハイタイプのものがおすすめです。

中でもベビー用品ブランドの「PIYO」のステップ踏み台は同じシリーズラインの補助便座がとても人気があり、そちらとセットでの購入をする人も多いようです。

PIYOのトイレステップは、見た目もシンプルなホワイトカラーがオシャレで使い勝手もいいと人気のトイレステップです。

トイレトレーニングにステップ踏み台はいらない?踏ん張るウンチには必要!

我が家でも三人の子供のを一歳過ぎる頃からタイミングを見計らってトイレに連れて行くようになりましたが、おしっこはできるようになってもウンチをさせるのが困難でした。

三人目にして気が付いたのですが、ウンチがトイレでできない理由の一つは「踏ん張ることができないから」だと思いました。

なぜこれに気が付いたかというと、私が子供をトイレに連れて行っていたタイミングは子供が「ウ~…」と踏ん張る様子を感じたときだったのですが、急いでトイレに座らせると遊びだして出さない。しばらく様子を見ても出すようにないので諦めて部屋に戻ると替えたばかりのオムツに出していたり( ゚Д゚)

まだ言葉での意思疎通ができないので「ウンチが出る」という言葉を教えても、すぐには理解して言える歳でもないのでタイミングは大人が気が付くしかないのですが、ウンチが出せるかどうかの違いは、足元がしっかりと床につき足に力を入れて踏ん張れるかどうかだと思いました。

便座に座らせると脚はプラプラとしているけど、部屋で立った状態だと脚は床につき、しっかり全身で踏ん張れますもんね。

「PIYOのトイレステップ踏み台」がおすすめの理由は?

PIYOのトイレステップは見た目もオシャレで人気のある商品ですが、おすすめの理由はおしゃれなだけではありません。

PIYOのトイレステップは、二段式のハイタイプなので小さなお子さんでも早いうちから足がとどくので「踏ん張る」ということができるので、トイレでのウンチの成功率が高くなる点もポイントです。

その他にも、子供が自分で持ってセットすることができるようにサイドには手を入れることができる部分があったり、踏み台の足をのせるところにも大きく広く滑り止めを貼り、さらに床に面する接地面にも滑り止めを付けることで転倒防止の安全性に配慮がしてあります。

一歳半ともなると、自分で持ち上げて運ぶことができるので「トイレをして手を洗う」ということが理解できるようになってきたら自分で便座の前にセットして排便した後に手洗い場に移動して手を洗うことも一人でできるようになることを考えると、ステップをしっかりと持つことができる工夫はありがたいです。

PIYOのトイレステップは折り畳み式ではありませんが、子供が自分で持って移動することを考えると、折り畳み式は手や指を挟む危険などが考えられるので心配な点も。

その点、折りたたみではないタイプはそういった心配がないので子供が自分ですることを安心して見守ることができます。

さらに、子供が手洗い場や洗面所で手を洗う時において、最初のうちはつま先立ちになってすることも多く、それによって自然と前傾姿勢になるのですが、しっかりとした滑り止めが付いていることで踏み台が後ろに滑っていかないというのは子供の転倒防止になっていいですよね。

しっかりとした踏み台は、子供が大きくなって使わなくなっても大人の踏み台としても使えるので、トイレと洗面台用に2つあっても役に立つと思いますよ。

我が家でも取れに使わなくなったものを洗面台に置いていますが、洗面台では子供が自分で手を洗う時や歯ブラシを取るときなどにも楽ですし、小学校に入ったばかりの娘は顔を洗う時にはまだ背が足りないので、そんな時にも踏み台があると便利です。あと、私が洗面所の高いところに置いているストックを取るときなど、必要なことが多いので置いておくと便利です。

PIYOのトイレステップは大人も使える?耐科重量はどのくらい?

PIYOのトイレステップは赤ちゃんのトイレトレーニングから大人の作業踏み台としても使えるステップです。

が、サイトを見てもどのくらいの重さまで耐えるのかが書いてなかったので、ショップに問い合わせて確認をしてみました(^^)

その質問に対してのショップの回答は「耐荷重量は80kgとなっています」とのこと。

80Kgというと男性などにはギリギリ使えるか?という人も多いかもしれませんが、子供やママが使うには充分な耐荷重量だと思いますよ。

さいごに

いかがでしたか?

今回は楽テク点でも人気の「PIYO」のトイレステップ踏み台をご紹介しました。

子供のトイトレ、子供のステップ踏み台、大人の作業踏み台として使うことを考えると長い期間使うことができるので、価格的にも安くて送料無料なのでお試ししやすいおすすめの商品です。

もし、お子さんが「ウンチをどうしてもトイレですることができない」とお悩みでしたら、トイレ用のステップ踏み台を試してみてはいかがでしょうか?

赤ちゃんのトイレトレーニングは簡単にはいきませんし、大人にとってはストレスのたまるものでもありますが、気長に進める心構えが必要です。長期戦のトイレトレーニングは赤ちゃんにとっても大変な成長項目の一つですので、少しでも赤ちゃんが頑張れる環境作りに役立つトイレステップは親子のストレスを軽減するためにも役立つアイテムだと思います。

いろいろなものがありますが、お気に入りのものを見つけてくださいね(^^)

 

[itemlink post_id=”5331″]

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました