フィリップス電動マルチチョッパーはみじん切りが一瞬でできておすすめ!

家電


毎日の夕食作りって大変ですよね。

献立を考えて、材料を切って、調理して…。
最短でも一時間近くはかかってしまうことも多々ありますよね。

そんな時間のかかる夕食作りですが、一番面倒なのは「食材を切る・刻む」作業ではないでしょうか。

特に、食材を刻むという作業の代表でもある「みじん切り」。
この作業って本当に時間はかかるし、手間はかかるし大変ですが、玉ねぎやニンジンなどを刻んで作る料理って、ハンバーグやミートソースなど、子供の好きなものが多いものです。

この、時間と手間のかかる「みじん切り」という作業。もっと時短できないかという気持ちでいろいろ調べていると、とてもいい商品を見つけました。

それがフィリップスの「マルチチョッパー」です。


電動のフードチョッパーはとてもオシャレなものが多いですね。
CHECK!>> 電動フードチョッパーの口コミ件数順TOP10[楽天]

フィリップスの電動フードチョッパー

その中でも私がお勧めするのは、こちらがフィリップスの電動フードチョッパーです。見た目もオシャレな調理家電ですよね。

このフィリップスの電動フードチョッパーは、専用の刃が3つ付属していて「刻む+混ぜる+ミンチ」を簡単にしてくれるので、毎日の料理を楽しく時短してくれると人気の商品です。

 

フィリップスの電動フードチョッパーがお勧めの理由

では、なぜこのフィリップスの電動フードチョッパーがお勧めなのか?

確かに他にも電動のフードチョッパーはあるのですが、その中でもフィリップスのものがお勧めの理由をご紹介します。

 

プロセッサーとチョッパーの違いは?

こちらの商品はフードチョッパーですが、ここで「フードプロセッサーとは違うの?」という疑問が出てくるかもしれません。

「野菜のみじん切りならフードプロセッサーでもできるでしょ?」と思われるかもしれませんね。

でも、フードプロセッサーを使ったことがある方は経験があるかもしれませんが、みじん切りを作ると刃のあたる部分と当たらない部分で野菜の大きさにムラができたり、ヘラで縁に付いた刻み切れていないものを下におろしたりという経験はありませんか?

でも、「チョッパー」とは「チョップする=叩く」からきているので、小さく刻むことがメインの仕事になります。なので、フードプロセッサーのようにペーストにしたりということはできませんが、逆にみじん切りはきれいに仕上げることができます。

 

フィリップスの電動チョッパーならみじん切りが水っぽくならない!

こちらのフィリップスのマルチチョッパーは、元々、アメリカの「チョップサラダ」という、野菜のみじん切り状態のサラダが流行したことで、野菜のみじん切りを素早く作ることができると注目された商品です。

なので、他のチョッパーよりもみじん切りに関してこだわりを持って作ってあります。

その証拠として、全体構造が中にカゴのようなものがあり、そこに野菜を入れて上から押すことで刃をまわし、刻まれたものだけがカゴの目を通って下に落ちる仕組みになっています。なので、刻み残しが出ませんし、みじん切りの大きさもある程度均等になります。

そして、刻まれたものは下に落ちるので刻んでないものと自然と分離され無駄に刻まれることがなく、野菜が一部だけペースト化したり、水っぽくなったりすることがありません

それは、一つの料理に入れる時には食材のサイズをそろえるという料理の基本にも沿う形になり、無駄に野菜から水分を逃すことがないので料理をおいしくしてくれます。

 

手動より電動が力いらずで簡単時短!みじん切りも一瞬でできる!

このチョッパーという調理器具はとても便利なので、電動だけではなく手動のものもあります。

しかし、ここであえて電動のタイプをお勧めするのは手動よりも楽に簡単に素早くみじん切りができるからです。

手動のものだと、確かに気楽使えますが、中に入れる野菜が硬いものだとそれなりに力もいりますし、多少なり労力がかかります。それは、自分の力がチョッパーの動力でありパワーとなるからです。

でも、電動ならある程度の大きさにカットして、チョッパーにセットしたら上から押すだけ。とてもパワフルに回転してくれるので、たったそれだけで柔らかい玉ねぎも硬いニンジンもあっという間にみじん切りの状態にしてくれます。

「何の力もいらない」「一瞬にして作業が終わる」というのが電動フードチョッパーの魅力です。

付属の刃は三種類!プロセッサーにもなる!

このフィリップスの電動フードチョッパーですが、実は付属品にチョッパー用ブレードとプロセッサー用ブレードと、氷を粉砕することができるフローズン用ブレードの三本の刃が標準セットになっています。

なので、野菜のみじん切りを作りたいときはチョッパー用、肉や魚をミンチにしたいときはプロセッサー用、かき氷や凍らせた果物でフローズンデザートを作るときなどはフローズン用と使い分けることで、幅広いお料理に対応できます。

 

フィリップスの電動フードチョッパーの口コミは?

こんなに簡単便利なフィリップスの電動フードチョッパーですが、気になるのは実際に使っている人の感想ですよね。

そこで、楽天で実際に購入している人の声を口コミから紹介します。

・大きいサイズ感なのに想像以上に細かく刻めます
・あっという間に、たまねぎや人参のみじん切りができます。
・何より食洗機も使えてお手入れ簡単なのがいいですね!
・ハイパワーで回転数を少なくした設計が素晴らしく、みずっぽくならないみじん切り!
・実際使ってみたら手早く気持ちよく期待通りのみじん切りができたことがうれしくて、新婚の友人へプレゼントしました。
・みじん切りは2~3秒くらいで仕上がるので買って良かったです
・細かく切るのが苦手だったのですが、これだとあっという間にキャベツやブロッコリーの茎の部分も細かくなって忙しい朝でもささっとサラダが作れます!

口コミから見えるのは、みじん切りという細かくて大変な作業が、秒単位で完了するというすごさを喜んでいる人が多いです。

中にはサイズ感が少し大きいという人もいますが、「電動でしっかりとしたモーターが付いているからこんなものかな?」という声もあるので必要サイズなのかもしれませんね。

CHECK!>> フィリップスの電動フードチョッパーのその他の口コミはこちら!
 

フィリップスの電動フードチョッパーの仕様詳細は?

では、このフィリップスの電動フードチョッパーの仕様詳細を書いていきます。

【商品使用】
【本体サイズ(H×W×D)】26.5×13.5×13.5cm
【本体重量】1.37 Kg
【対応電圧】AC100V
【同梱品】本体、バスケット、キャップ、チョップドロップ用ブレード、フードプロセッサー用ブレード、フローズンフード・氷用ブレード、取扱説明書、レシピブック
【本体保証】ご購入日から2年間

お店のサイトには動画も出ているのですが、玉ねぎやニンジンのみじん切りはもちろんですが、ゆで卵をチョップすれば卵サラダも一瞬でできますし、アーモンドのような硬い木の実でも簡単に刻むことができます。

なので、プラスワンのおかずを簡単に作ったり、ヨーグルトやデザートのトッピングをササッと作ることができるのでとても便利ですよね。

 

さいごに

いかがでしたか?

毎日の夕飯で野菜を刻むのが面倒で、ついザク切りの野菜と肉だけを炒めてしまうなどといった忙しいお母さん。みじん切りは指を切りそうで怖いからやりたくないという自信のないお母さんにお勧めのフィリップスの電動フードチョッパー。

結婚や出産のお祝いや、母の日のプレゼントとしてもお勧めの商品です。

もし気になったらショップサイトものぞいてみてくださいね^^

【併せて読みたい記事はこちら!】
CHECK!>> みじん切りがうまくできない?フィリップスの電動チョッパーで簡単解決!

タイトルとURLをコピーしました