電動自転車レインカバーチャイルドシート付き対応の楽天おすすめTOP4

雑貨


小さな子供のいる家庭に人気のチャイルドシート付き電動自転車ですが、チャイルドシート付き電動自転車は価格も15万円前後はしますし、そんなに安価なものではないので、大切に使いたいものです。

でも、ご家庭によっては駐輪スペースに屋根があるところばかりではないですし、外に置いておくことが前提となると、雨の日や炎天下にそのまま置いておくのも自転車の寿命を短くしてしまいそうで気になりますよね。

そんな心配をしているあなたにおすすめなのがチャイルドシート付き電動自転車用のカバーです。
今回は、楽天通販で人気の「子供乗せチャイルドシート付きの電動自転車」におすすめのハイバック対応レインカバーをご紹介します。

手軽な移動手段として人気のチャイルドシート付き自転車に乗っている人は多いと思いますが、自転車の劣化やチャイルドシートが雨などに濡れることを防ぐためにレインカバーを用意している人は多いようです。

楽天での口コミの多い人気のレインカバーはこちらからご覧いただけます(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
CHECK!>> チャイルドシート付き自転車対応レインカバーの口コミ人気を見る[楽天]

チャイルドシート付き電動自転車にレインカバーは必要?長持ちさせるためにおすすめ!

これまで通常の自転車に乗っていた人からすると、「自転車にレインカバーなんて必要なの?」と思うかもしれませんが、電動自転車は家電に近いのでやはり雨などの水気になるべくさらさない方が良いですよね。

さらには、チャイルドシート付きのタイプとなると子供座る座面が濡れてしまっていたりすると、すぐに座らせることができなかったりもしますし、やはり雨の水気や炎天下の直射日光などにさらせば、チャイルドシートやサドルの劣化も早くなります。

通常の自転車の何倍もの価格で購入した電動自転車となると、できるだけきれいに長持ちさせたいですよね。

そのためにも、自転車をスッポリと覆うことができるレインカバーは自転車の購入時にセットで用意しておきたいアイテムです。

1.電動自転車子供乗せシート付きレインカバー「creer」は安くて高品質な3D立体裁断2WAYが人気!

こちらは、チャイルドシート付き自転車レインカバーの楽天口コミ件数第一位の「creer」の商品です。

「creer」のレインカバーは価格がとてもリーズナブルですが、品質は大手メーカーと同等な高品質と人気です。
デザインもシルバーとブラックのツートン、側面の「creer」のロゴがおしゃれ!さらに、「3D形状裁断」という立体設計で、後方はマチを出したりしまったりできる2WAY仕様なので、後方チャイルドシートのある自転車からスポーツタイプ自転車、原付バイクまで、ピッタリなサイズで使うことができます。

全体の縫い目にも止水テープ補強もしてあるので価格・デザイン・機能性のバランスから人気の高い商品です。

2.電動自転車チャイルドシート付きレインカバー「Liquidness」はダブルステッチとサイドファスナーで人気!

こちらは、「Liquidness」というメーカーの自転車レインカバーです。

こちらは、一般的な自転車用レインカバーよりも1.3倍の厚みのある高耐久270デニールの生地を使っているのでとにかく丈夫です。
厚手の記事なので、雨やホコリだけではなく紫外線もカットしてくれるので、直射日光の当たる野外での駐輪でも自転車の劣化を守ってくれますし、縫製は止水テープを使用した上からのダブルステッチとなっていて、水の侵入を防ぎ、縫い目もしっかりとしています。

さらに、サイドファスナーが付いているので、一枚物のレインカバーよりも自転車への装着がしやすいことや、電動自転車のバッテリーを外すときなどもサイドファスナーを開けるだけで簡単に取り外しができると人気です。

3.電動自転車子供乗せシート付きレインカバー「クイックカバー」は20インチ3人乗りにピッタリサイズ!

こちらは、20インチの三人乗り仕様の自転車がすっぽりと入るサイズのレインカバーです。

子供乗せチャイルドシートを付けている電動自転車といえば、ブリジストンの「ビッケ」・ヤマハの「べビー」・パナソニックの「ギュット」の方が多いかと思いますが、いずれも最大乗車人数は、前乗せと後ろ載せのチャイルドシートを付けた3人乗り仕様です。

そんな、20インチの小径自転車の三人乗り仕様にピッタリなレインカバーがこちらです。
サイド部分には上下から開けることができるファスナーが付いているので、バッテリーの取り外しも簡単です。

3.電動自転車子供乗せシート付きレインカバー「socca」は2WAY&大きめサイズで人気!

こちらは「socca」の自転車レインカバーです。

毎日の保育園の送り迎えなどでお子さんを自転車に乗せることを考えると、チャイルドシート自体にもレインカバーをつけるという人も多いのではないでしょうか?

そうなると、自転車だけよりも一回り自転車のサイズが大きくなるので、そんな時はこの大きいサイズの「socca」のレインカバーがおすすめです。

こちらの「socca」というブランドはチャイルドシートのレインカバーもあるのですが、それ自体が背の高い仕様になっています。そんな、チャイルドシートの空間を広くとっているハイタイプのレインカバーを付けたまま上からかぶせることができる自転車カバーなら、自転車の大きさを気にせず使うことができます。

さらに、「今は前に乗せているけどゆくゆくは後ろに乗せる予定」「今は後ろに乗せているけど先々は取り外す予定」という、自転車の形状の変化にも対応できるようにバックにファスナーアジャスター機能が付いているので使い方によってサイズを変えることができますし、サイドファスナー付きで取り扱いが楽チンな点でも人気です。

4.電動自転車チャイルドシート付きレインカバーの190cm対応は両面サイドファスナーが人気!

こちらは、190cmの高さまで対応のハイタイプレインカバーです。

自転車の後ろ乗せチャイルドシートによってはヘッドレストの高さ機能が付いているので、お子さんの身長によってはヘッドレストを高めにセットすることもありますよね。

そんな時に自転車の高さを気にすることなくサッとかけることができるのがこちらのハイタイプのレインカバーです。
さらにこちらのレインカバーはサイドファスナーが両面にあるので、片面だけのファスナータイプのカバーと比べて、駐輪スペースによって自転車の向きを気にしなくてもいずれかのかぶせやすい方のファスナーを開けることができるので簡単に使うことができます。

いかがでしたか?

今回は、楽天通販での口コミの多い人気のチャイルドシート付きの電動自転車におすすめのレインカバーをご紹介しました。

電動自転車は価格も高いので、できればきれいに長く乗りたいですよね。

そのためにも、できるだけ雨風や直射日光などから自転車を守ってあげることができるように、お持ちの自転車にピッタリなカバーを探してくださいね(^^)

 

[itemlink post_id=”5206″]

 

タイトルとURLをコピーしました